Sonnet、Appleの開発キットにも採用された「eGFX Breakaway Box」でNVIDIAのGPUをmacOS Sierraで利用する方法を公開。

スポンサーリンク

 SonnetがAppleの開発キットにも採用された同社のeGPU Box「eGFX Breakaway Box」を利用し、NVIDIAのグラフィックスカードをmacOS 10.12.6 Sierraで利用する方法を公開しています。詳細は以下から。

Sonnet’s eGFX Breakaway Box

 アメリカの周辺機器メーカーSonnetは2017年08月15日、Appleの開発者用キット「External Graphics Development Kit」にも採用されているThunderbolt 3に対応した外付けeGPU Box「eGFX Breakaway Box」をmacOS 10.12.6 Sierraで利用する方法をまとめたインストールガイドを公開しています。

macOS 10.12.6 SierraでNVIDIAのeGPUを使うSonnetのマニュアル

The Sonnet eGFX Breakaway Box is Thunderbolt certified for Windows and macOS, is certified for external graphics under Windows 10, but not yet certified for external graphics under macOS. Nevertheless, we understand that many users have experienced success using the Sonnet eGFX Breakaway Box for external graphics and/or CUDA with macOS Sierra.[…]Note that you will not be able to obtain support from Apple or NVIDIA for external graphics under macOS at this time.

eGFX Breakaway Box Support Library – Sonnet Support

 SonnetはAppleやNVIDIAはサポートしていないものの、eGPUコミュニティなどによってmacOS 10.12.6で「eGFX Breakaway Box」を利用しNVIDIAのGPUが利用できていることを理解しているとしてインストールガイドを公開したそうで、

SonnetのeGFX macOS 10.12 Sierra インストールガイド

iMac Retina 5K 27インチモデルおよびMac mini Mid 2011 (AMD Radeon HD 6630M)ではmacOS 10.12でNVIDIAのeGPUは利用できないそうです。

ガイドにはThunderbolt 3搭載のMacだけでなく、Thunderbolt (1)/2のMacでもアダプタを利用することで利用できたと記載されており、NVIDIA GeForce GTX 1060を用いたHeavenベンチマークではThunderbolt 3から順に55.3fps, 54.3fps, 51.8fpsというスコアになったそうです。

Thunderbolt 2のMacとThunderbolt 3のeGPU Boxの接続

 互換性のあるNVIDIAのグラフィックスカードは以下の通りで、利用するにはNVIDIAのWebドライバやeGPU.ioのメンバーらが開発している”automate-eGPU.sh“, csrutilを利用しmacOSのSIPを無効にするなどの手順が必要となっており、

互換性のあるNVIDIA GPU

  • NVIDIA GeForce GTX Titan Xp (Pascal)
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
  • NVIDIA GeForce GTX 1080
  • NVIDIA GeForce GTX 1070
  • NVIDIA GeForce GTX 1060
  • NVIDIA GeForce GTX 1050
  • NVIDIA GeForce GTX 1050
  • NVIDIA Quadro P6000
  • NVIDIA Quadro P5000
  • NVIDIA Quadro P4000
  • NVIDIA GeForce GTX Titan X (Maxwell)
  • NVIDIA GeForce GTX 980 Ti
  • NVIDIA GeForce GTX 980
  • NVIDIA GeForce GTX 970
  • NVIDIA GeForce GTX 960
  • NVIDIA GeForce GTX 950
  • NVIDIA GeForce GTX 750 Ti
  • NVIDIA GeForce GTX 750

もし、AppleがmacOS 10.12.7 Sierraなどのアップデートを提供した場合automate-eGPU.shで書き換えたkextなどを元に戻しておく必要(アンインストール)があり、Macのスリープから復帰しないといった不具合も報告されているので、興味のある方は自己責任で利用してみて下さい。

automate-eGPU.shインストール

cd ~/Desktop && curl -o automate-eGPU.sh https://raw.githubusercontent.com/goalque/automate-eGPU/master/automate-eGPU.sh && chmod +x automate-eGPU.sh && sudo ./automate-eGPU.sh

automate-eGPU.shアンインストール

cd ~/Desktop && curl -o automate-eGPU.sh https://raw.githubusercontent.com/goalque/automate- eGPU/master/automate-eGPU.sh && chmod +x automate-eGPU.sh && sudo ./automate-eGPU.sh –uninstall

おまけ

 SonnetのeGPU BoxやAMD Radeon RX 580 8GBグラフィックスカード、USBハブなどを同梱したAppleの「External Graphics Development Kit」は599ドル(日本では税込み97,200円)しますが、Sonnetの「eGFX Breakaway Box」だけなら正規代理店の秋葉館さんやキットカットさんが36,800~48,686円程度で販売しているので、必要な方はチェックしてみて下さい。