macOS 10.13 High Sierraの不具合&アップデート履歴まとめ。

 macOSバージョン10.13.x High Sierraで確認された不具合やバグ、10.13.xアップデートで修正された不具合や脆弱性の一覧をまとめています。詳細は以下から

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 macOS 10.13 High Sierraで発生している不具合やAppleのセキュリティ・アップデートで修正された不具合のまとめです。時系列にまとめていますので、不具合が修正されたかはその日より下の修正点一覧をチェックして下さい。

 また、一時公開を停止していたmacOS 10.12 Sierraも再ダウンロード出来るようになっているので、OS X 10.11 El CapitanからmacOS 10.13 High Sierraへの1つ飛ばしのアップグレードを考えている方は、Sierraで様子を見るのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

macOS 10.13

macOS 10.13アップグレード後に確認された不具合

Adobe

Adobe Photoshopで発生しているHigh Sierraお不具合

APFS

High Sierraで暗号化

High SierraでHFS+の外部ボリュームを暗号化するとAPFSの暗号化ボリュームが出来上がる。

ディスクユーティリティ

未フォーマットのHDDをHigh Sierraに接続した時

インストーラー

macOS 10.13 High Sierraのアップグレード問題

macOS cloud not be installed on your computer.
An error occured while verifying firmware.
Quit the installer to restart your computer and try again.

プレビューアプリ

Adobe Acrobat ReaderとAppleのプレビューアプリ

プリンター

macOS 10.13 High Sierraのプリンタードライバ対応状況

 ワコムやPFUなど一部のタブレットやプリンタードライバがまだmacOS 10.13 High Sierraに対応していない場合があります。

メッセージアプリ

その他

macOS 10.13追加アップデート

 現地時間2017年10月05日に公開された「macOS High Sierra 10.13追加アップデート」のリリースノートによると以下3件の不具合および2件の脆弱性が修正されています。

不具合の修正点

  • インストーラの堅牢性を向上
  • Adobe InDesignを使用する際のカーソルのグラフィックスの問題を修正
  • メールで”Yahoo”アカウントからメールメッセージを削除できない問題を解消

修正された脆弱性

DUのAPFS暗号化パスワード不具合

 ディスクユーティリティでAPFS暗号化ボリュームを作成する際、暗号化用パスワードとパスワードのヒントを設定すると、パスワードが「パスワードのヒント」として平文で表示されてしまう不具合は「macOS 10.13追加アップデート」で修正されましたが、Appleは加えてサポートドキュメントも公開しています。

暗号化されたAPFSのパスワードがディスクユーティリティに表示されてしまう不具合

macOS 10.13.1 High Sierra

 現地時間2017年10月31日、Appleが以下の不具合およびセキュリティ、安定性、互換性を改善した「macOS High Sierra 10.13.1」を新たに公開しました。

About the macOS High Sierra 10.13.1 Update

不具合修正

  • さまざまな種類の食べ物、動物、伝説上の生き物、衣類の選択肢、さらに表情豊かになったスマイリーフェイス、性的に中立なキャラクターなど、70 個の新しい絵文字が追加されました。
  • Apple Pay 取引中に Bluetooth を利用できなくなる問題を修正しました。
  • メール App での Microsoft Exchange メッセージの同期の信頼性が向上しました。
  • Spotlight がキーボード入力を受け付けない問題を修正しました。

エンタープライズ向けの修正

  • SMB プリントの安定性が向上しました。
  • Touch Bar を搭載した MacBook Pro でモバイルアカウントでログインしている間に、Touch ID の環境設定にアクセスできるようになりました。
  • FileVault で暗号化された APFS ボリュームのロックを復旧キーチェーンを使って解除できるようになりました。詳しくは、ターミナルで「man diskutil」と入力してください。