macOS 10.13 High Sierraの不具合&アップデート履歴まとめ。

 macOSバージョン10.13.x High Sierraで確認された不具合やバグ、10.13.xアップデートで修正された不具合や脆弱性の一覧をまとめています。詳細は以下から

macOS 10.13 High Sierraのインストーラーアイコン。

 macOS 10.13 High Sierraで発生している不具合やAppleのセキュリティ・アップデートで修正された不具合のまとめです。時系列にまとめていますので、不具合が修正されたかはその日より下の修正点一覧をチェックして下さい。

スポンサーリンク

macOS 10.13

macOS 10.13アップグレード後に確認された不具合

Adobe

Adobe Photoshopで発生しているHigh Sierraお不具合

APFS

High Sierraで暗号化

High SierraでHFS+の外部ボリュームを暗号化するとAPFSの暗号化ボリュームが出来上がる。

ディスクユーティリティ

未フォーマットのHDDをHigh Sierraに接続した時

インストーラー

macOS 10.13 High Sierraのアップグレード問題

macOS cloud not be installed on your computer.
An error occured while verifying firmware.
Quit the installer to restart your computer and try again.

プレビューアプリ

Adobe Acrobat ReaderとAppleのプレビューアプリ

macOS 10.13追加アップデート

 現地時間2017年10月05日に公開された「macOS High Sierra 10.13追加アップデート」のリリースノートによると以下3件の不具合および2件の脆弱性が修正されています。

不具合の修正点

  • インストーラの堅牢性を向上
  • Adobe InDesignを使用する際のカーソルのグラフィックスの問題を修正
  • メールで”Yahoo”アカウントからメールメッセージを削除できない問題を解消

修正された脆弱性

DUのAPFS暗号化パスワード不具合

 ディスクユーティリティでAPFS暗号化ボリュームを作成する際、暗号化用パスワードとパスワードのヒントを設定すると、パスワードが「パスワードのヒント」として平文で表示されてしまう不具合は「macOS 10.13追加アップデート」で修正されましたが、Appleは加えてサポートドキュメントも公開しています。

暗号化されたAPFSのパスワードがディスクユーティリティに表示されてしまう不具合

macOS 10.13.1 High Sierra

 未公開。