macOS 10.14 Mojaveへアップグレードしてアプリの機能が利用できなくなったら、まずはシステム環境設定のプライバシー設定の見直しを。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveへアップグレードしてアプリの機能が利用できなくなったら、まずはシステム環境設定のユーザー・プライバシー設定の見直してみてください。詳細は以下から。

macOSのプライバシー保護

 Appleは日本時間2018年09月25日、ダークモードスタック機能を備えたmacOS 10.14 Mojaveをリリースしました。macOS Mojaveへのアップグレード前の注意点でも書きましたが、このMojaveではこれまで以上にユーザーのプライバシー保護機能が強化され、カメラやマイク、メールやメッセージ、Safariのデータなど、以下のデータにアプリからアクセスする際にユーザーの承認(User Consent)が必要となりました。

macOS 10.13 High Sierra macOS 10.14 Mojave
保護対象
  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • 写真
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 位置情報
  • 連絡先情報
  • 写真
  • カレンダー
  • リマインダー
  • New カメラへのアクセス
  • New マイクのアクセス
  • New Mailデータベース
  • New Messagesの履歴
  • New Safariのデータ
  • New Time Machineバックアップ
  • New iTunesデバイス(iOS)のバックアップ
  • New 利用頻度の高い場所情報
  • New システムクッキー
  • New オートメーション

スポンサーリンク

増えたユーザー承認とトラブル

 既にmacOS Mojaveへアップグレードされた方は以下のようなポップアップ・ウィンドウを見た方も多いと思いますが、ユーザーの承認が必要になるデータが増えたことで、macOS Mojaveでは今まで以上にユーザー承認のポップアップの種類が増え、それに対応する機会が増えています。

macOS 10.14 Mojaveのユーザー承認

 macOS Mojave公開から4日間で十数件のMacのアップグレード&トラブル対応を行いましたが、「macOS Mojaveへアップグレードしてから”hogehoge”アプリが使えなくなった!」や「今まで問題なかったのに”hogehoge”デバイスが動作しない!」という問い合わせの8割はこのユーザー承認に失敗している、または許可していない事が原因でした。

 これにはユーザーの承認が増えたことに加え、ユーザー承認が必要な項目の仕分けが複雑になっている事や承認を行うプロンプトが1度しか表示されない、[全てを許可]という操作ができない、開発者がプロンプトを操作できないといった問題も指摘されていますが、

AppleのセキュリティシステムはGatekeeperやSKELに代表されるように、リリース後しばらくしてから改善されていくので、macOS Mojaveへアップグレードされた、または今後アップグレードする予定の方はアップグレード後、動かないアプリやデバイスに出くわした場合は新しくなったシステム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー] → [プライバシー]パネルをチェックしてみてください。

macOS 10.13 High Sierra macOS 10.14 Mojave
新しい
プライバシーパネル
  • 位置情報サービス
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 写真
  • アクセシビリティ
  • 解析
  • 位置情報サービス
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • 写真
  • New カメラ
  • New マイク
  • アクセシビリティ
  • New フルディスクアクセス
  • New オートメーション
  • 解析
  • 広告
フルディスクアクセス :メールやメッセージ、Safari、Home, Time Machineバックアップへのアクセスを許可する
オートメーション : 特定のアプリが他のアプリの操作することを許可する

おまけ

 このユーザーのプライバシー保護機能はユーザーがよく知る名前のアプリではなくヘルパーアプリなどにも影響するため、「何かよくわからないアプリがユーザーの承認を求めてきた」として許可をしないユーザーもいるようで、

SKELとUser Consent

AdobeWacomBitdefenderMacPawAlfredCCCBackblazeなどのメーカーや開発者はサポートドキュメントを公開しているので、Mojaveで機能の一部が動かなくなったアプリがあれば、各アプリのサポートサイトをチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Mac君とWindows君の宣伝で出てきたWindows君になってきたな

  2. 匿名 より:

    そこら辺うまく社内で解決できなかったのでこのようになったっぽいですね。世界一の企業は実は中小並みの判断レベルでしかないという、きわめて平凡以下レベルでしか顧客に向き合っていないというのが前回もそして今回も露呈してますね。だからこそ、なんか愛着が持てますよね。

  3. 匿名 より:

    愛着なんかわかない!迷惑なだけ。

  4. 匿名 より:

    Mojave以前からあるけど、アクセシビリティへの許可なんて大抵の人は意味が分からないと思う。

  5. 匿名 より:

    MojaveではなくVistaと名乗ろう

  6. 匿名 より:

    使ってみたけど、これは酷い。
    ダイアログも前に出てればいいが、後ろに隠れたり。
    「私達は警告はしてるんで、あなたの責任で」って言ってるような感じ
    悪いけどWindowsの方が正常進化してるようね。

  7. 匿名 より:

    新OSリリースされた直後に旧OSへアップグレードする前の注意点まとめがランクアップする怪現象w