macOS 10.14 Mojaveではダークモード時のウィンドウの”Rim Shadow”が変更され、ウィンドウ内部に縁取りがされている。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveではダークモード時のウィンドウの”Rim Shadow”が変更され、ウィンドウ内部に縁取りがされています。詳細は以下から。


 Appleは日本時間2018年09月25日にダークモードスタック機能を備えたmacOS 10.14 Mojaveをリリースしましたが、Appleはこのダークモードでユーザーの視覚的刺激をライトモード時のものと近づけるためウィンドウの縁にいくつかの変更を加えています。

システム環境設定のライトモードシステム環境設定のダークモード

スポンサーリンク

DiffusedとRim Shadow

 macOSではアプリ・ウィンドウの重なりや深さを(z方向)表現する「影」がウィンドウの縁に表示されていますが、Appleによるとこの影は広域を覆う”Diffused Shadow”とウィンドウの縁を覆う”Rim Shadow”の2つのレイヤーに分かれており、

macOS 10.14 MojaveダークモードのRim Shadow

Finderウィンドウをライト/ダークモード表示で4分割した図(クリックで拡大)

macOS Mojaveのダークモードでは”Diffused Shadow”についてはBlurパラメーターはライトモードと同じものの、”Rim Shadow”はアピアランスが暗くなったウィンドウをはっきりと浮き上がらせるため、不透明度を上げているそうです。

非RetinaディスプレイのダークモードRetinaディスプレイのダークモード

 加えて、Appleはダークモード時のウィンドウにユーザーがウィンドウをはっきりと認識できるように、枠に新たな縁取り(inner rim stroke)を加えていますが、非Retinaディスプレイではこの縁もぼやけるため、ウィンドウが多くなった場合はライトモードと比較して多少認識しづらくなっているかもしれません。

おまけ

 また、これらの新しいエフェクトの影響でVSCodeやHyperなどのElectronアプリで縁に白い線が表示される問題が確認されていますが、これはWWDC 2018のセッション218 “Backward Deployment”でも取り上げられていたとおり、

NSRequiresAquaSystemAppearanceをOFFにすることで旧バージョンのSDKでもダークモードを有効にすることができ白い線がなくなるので、線が気になる方は試してみて下さい。

  • 特定のアプリでDark Mode白い線を消す
  • defaults write -app [application name] NSRequiresAquaSystemAppearance -bool No
  • 元に戻す
  • defaults delete -app [application name] NSRequiresAquaSystemAppearance

コメント

  1. 匿名 より:

    これはすごくいい記事です…!

  2. 匿名 より:

    スクショ比較画像の中心にある左右の矢印アイコン、アイコンを押すのか矢印を押すのかずっと謎だったんだが、これスライドできるのか。
    このギミックが一番わかりづらかったわ。