Apple、macOS 10.14 Mojave/iOS 12で「OpenType SVG」フォントをサポート。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.14 Mojave/iOS 12で「OpenType SVG」フォントをサポートしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年09月17日/24日、iOS 12」および「macOS 10.14 Mojaveを正式にリリースしましたが、同バージョンではBeta版で確認されていたOpenType SVGフォントが正式にサポートされたそうです。

OpenType SVG
Added support for defining letterforms in OpenType fonts using SVG.

What’s New in Safari – Apple Developer

 OpeyType SVGフォント(カラーフォント)はベクター形式のSVG画像でOpenTypeフォントの字形の一部を表すフォント形式で、Adobe PhotoshopやIllustrator、Typekitなどで扱えますが、

macOS 10.13 High SierramacOS 10.14 Mojave

macOS 10.14 MojaveやiOS 12ではOpeType SVGフォントがシステムレベルでサポートされているため、SafariなどのApple製アプリだけでなくPixelmatorやSketchLumaFusionなどサードパーティ製アプリでも扱うことができるそうなので、Mojave/iOS 12へアップグレードされた方はチェックしてみてください。

But OpenType-SVG seems in great position to become a golden standard now that three operating systems support OpenType-SVG fonts: Windows 10, macOS Mojave, and iOS 12.

Color Fonts – Get ready for the revolution!