Apple、アプリの管理機能が利用可能だった「iTunes v12.6.5」の公開を停止。macOS Mojaveでは非対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleがアプリの管理画面が利用可能な「iTunes v12.6.5」の公開を停止しています。詳細は以下から。

iTunes 10のロゴ。

 Appleは2017年09月に公開したiTunes v12.7でアプリや着信音の管理画面を廃止し、現在MacではiOSアプリの管理ができない状態となっていますが、AppleはこのiTunesとは別に、App Storeやアプリの管理画面を残し複数のiOSデバイスにアプリのデプロイが可能なエンタープライズ向けの「iTunes v12.6.x」の公開を続けていましたが、

iTunes v12.6.4リリース

iTunes v12.6.x

  • 2017年10月
    ▶エンタープライズ向けに「iTunes v12.6.3 for Mac/Windows 32/64-bit」を公開。
  • 2018年04月03日
    ▶個人データの取扱やプライバシー情報のポップアップを表示したiTunes v12.6.4を公開。
  • 2018年09月13日
    ▶iPhone XSやXR、Apple Watch 4をサポートしたiTunes v12.6.5を公開。

AppleはこのiTunesを公開していた「企業環境でiTunesを使ってAppを配布する」ページをアップデートし、Mac用の「iTunes v12.6.x」のダウンロードリンクを削除しています。

企業環境で iTunes を使って App を配布する

スポンサーリンク

macOS Mojaveでは?

 AppleがiTunes v12.6.5をなぜ非公開にしたかは定かではありませんが、日本時間2018年09月24日にリリースされたmacOS 10.14 MojaveにiTunes v12.6.5をインストールしてみたところ、互換性がないとしてインストールできなかったので、

iTunes v12.6.5

このソフトウェアはお使いのシステムに対応していません。

macOS MojaveへアップグレードしたMacでiOSデバイス向けのアプリを管理したい場合はApple Configurator 2やiMazingなどのアプリを利用するしか無いようです。

コメント

  1. 匿名 より:

    ついでに購入済みにゴミのように残る32ビットアプリとリジェクトアプリを完全にサーバーから消してくれんかな

  2. 匿名 より:

    今日本語版のページ見たらMac向けのダウンロードリンク記載されてましたよ

  3. 匿名 より:

    日本語版のページは、いつもメンテが遅いですからね….

  4. 匿名 より:

    10月1日現在も日本のサイトではダウンロードが可能でした。時間の問題でしょうか。