macOS 10.14 MojaveのSafariではダークモードを選択すると、リーダーモードのカラーも自動的に変更される。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveのSafariではダークモードを選択すると、リーダーのカラーも自動的に変更されるそうです。詳細は以下から。


 Appleは日本時間2018年09月25日、ダークモードスタック機能を備えたmacOS 10.14 Mojaveをリリースしましたが、このmacOS Mojaveではダークモードを有効にするとメニューバーやDock、ゴミ箱アイコンが変更されるだけでなく、Safariのリーダーモードも自動的に暗い背景が選択されるようになっています。

 また、AppleのWebKitチームは、現在プライベートAPIを通してXcodeなど一部のアプリでWebコンテンツにもダークモードを利用していますが、SafariのリーダーモードについてはmacOS Mojaveのダークモードに合わせてカラーを微調整しており、High Sierraよりフォントが映えるようになっているそうです。

macOS 10.13 High SierramacOS 10.14 Mojave

コメント

  1. 匿名 より:

    正直ダークモード見辛いわ
    夜道で文字読まされてるのと何が違うんだか。
    ウィンドウが多重になった時のフォロー機能が無いから2、3個を1デスクトップに立ち上げただけで混乱する。