Apple、macOS版Safari v12でJavaやMicrosoft SilverlightなどAdobe Flash以外のNPAPIプラグインを廃止。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleはmacOS版Safari v12でJavaやMicrosoft SilverlightなどAdobe Flash以外のNPAPIプラグインを廃止しました。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現地時間2018年09月17日、macOS 10.12 SierraおよびmacOS 10.13 High Sierra向けにSafari v12をリリースしましたが、同バージョンではAdobe Flash Player以外のレガシィなNPAPIプラグインを廃止しました。

ほとんどのNPAPIプラグインへの対応を中止することで、セキュリティを改善

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

タイムライン

 この仕様変更は既に2018年03月にリリースされていたSafari Technology Preview v52でアナウンスされており、 Java(アプレット)やMicrosoft Silverlight、Adobe AcrobatなどAdobe Flash Player以外のNPAPIを新規インストールして、以下のプラグインフォルダに入れてもSafari v12では利用することはできません。

/Library/Internet Plug-Ins/Flash Player.plugin

 Appleは2016年にリリースしたSafari v10以降、Adobe FlashやJava, Silverlight, QuickTimeといったレガシィープラグインをデフォルトでOFFにし、Googleは2015年09月にリリースしたChrome v54で、Mozillaは2017年03月にリリースしたFirefox v52でNPAPIの廃止し、多くのWebサイトやサービスがWebGLやWebRTC, WebAssemblyなどへ移行しているため、あまり大きな問題にはなっていないと思われますが、まだレガシィプラグインを利用しているサービスもあるようなので、ユーザーの方は注意してください。

おまけ

 また、Adobe Flash Playerについては影響が大きいため、AdobeがAppleやFacebook, Google, Microsoft, Mozillaなどと協力し、Flashを廃止(EOL:End-of-life)するデッドラインと決めた2020年末までサポートが続けられると思われます。