Apple、2018年後半のmacOS/iOSアップデートでUnicode 11.0の絵文字70種類を新たに追加すると発表。

スポンサーリンク

 Appleが2018年後半のmacOS/iOSアップデートでUnicode 11.0の絵文字70種類を新たに追加すると発表しています。詳細は以下から。

Appleのカレンダー絵文字

 Appleは現地時間2018年07月16日、Unicodeで絵文字の標準化を担当するUnicode Emoji Subcommitteeの副議長で、Emojipediaを運営するJeremy Burgeさんらが毎年07月17日に定めた「World Emoji Day」を祝すとともに、2018年後半にリリースするmacOS/iOS/watchOSでUnicode 11.0の絵文字70種類を新たに追加すると発表しています。

Apple celebrates World Emoji Day

Fig.1:2018年後半にApple OSに追加される絵文字

More than 70 new emoji characters are coming to iPhone, iPad, Apple Watch and Mac later this year in a free software update. The new emoji designs, created based on approved characters in Unicode 11.0, include even more hair options to better represent people with red hair, gray hair and curly hair, a new emoji for bald people, and new smiley faces that bring more expression to Messages with a cold face, party face, pleading face and a face with hearts.

Apple celebrates World Emoji Day – Apple

スポンサーリンク

World Emoji Dayと新しい絵文字

 World Emoji DayはAppleのカレンダー絵文字(📅U+1F4C5)のデザインが07月17日だったことからこの日に制定されたそうで、そのカレンダー絵文字のデザインは元々2002年07月17日に開催されたMacworldで発表されたmacOSのカレンダーアプリ(当時はiCal)のアイコンが元となっており、この日はTwitterやFacebookなどで絵文字だけで会話をしたり、iTunesの映画のタイトルを全て絵文字で表現するといったイベントも昨年行われていました。

 Appleのいう2018年後半のアップデートというのはmacOS 10.14 MojaveやiOS 12のことのようで、Unicode 11.0で定められた150を超える絵文字の中から、ロブスターや葉物野菜、マンゴー、カンガルー、オウム、クジャク、中性紙マーク、ソフトボール、試験管、スーパーマン、毛糸、カップケーキ、その他 顔の絵文字(Fig.1)となっているので、興味のある方はEmojipediaをチェックしてみてください。

A free update to iOS 12 brings more expression to every message with new characters for sports, symbols and more.

Apple celebrates World Emoji Day – Apple