iOS 12およびmacOS版「Safari v12」では複数のWebサイト間でパスワードを使い回すと警告が表示される機能が追加。

シェアする

スポンサーリンク

 iOS 12およびmacOS版「Safari v12」では複数のWebサイト間でパスワードを使い回すと警告が表示される機能が追加されています。詳細は以下から。

macOSのKeychainのアイコン。

 Appleは現地時間2018年09月17日、macOS 10.12 SierraおよびmacOS 10.13 High SierraとiOS 12にSafari v12を公開しましたが、同バージョンではiOS/Safariのパスワードマネージャーに新しい警告機能を追加しています。

iOS 12のパスワードマネージャーにはWebサイトのFaviconも表示されるよになっています。

スポンサーリンク

使い回し警告

 新しい警告機能は「異なるWebサイトやサービス、アプリで同じパスワードを利用する」と警告が表示されるというもので、この機能はSafari Technology Preview v59で発表され、パスワードの使い回しが確認されるとSafari v12の環境設定 → [パスワード]のリストに警告(⚠️)マークが表示されます。

 同様の機能はiOS 12の「パスワードとアカウントパネル」にも導入されており、Webサイトのリストをタップすると、どのWebサイトと同じパスワードが利用されてるかを表示してくれるので、パスワードの使い回しが気になる方はチェックしてみてください。

複数のWebサイト間でパスワードを再利用することは安全ではありません。このパスワードは”fuga.com”、”hoge.com”でも使用されています。

コメント

  1. 匿名 より:

    いいね!