macOS 12.3 MontereyではDropboxやOneDriveでファイル・オンデマンド機能がデフォルトとなり、Finderに表示されているファイルでも開けない場合があるので注意を。

スポンサーリンク

 macOS 12.3 MontereyではFile Provider APIが導入され、DropboxやOneDriveでファイルオンデマンド機能がデフォルトとなり、Finderに表示されているファイルでも開けない場合があるので注意してください。詳細は以下から。

Dropbox

 Appleは現地時間2022年03月14日、ユニバーサルコントロール機能をサポートしたmacOS 12.3 Montereyを正式にリリースしましたが、このmacOS 12.3ではリリースノートに記載されていないものの、大きなアップデートとして、AppleのFile Providerフレームワーク(API)を利用することが強制されています。

macOS Monterey 12 3 build 21E230 release note

スポンサーリンク

Files On-Demand機能

 AppleのFile Providerフレームワークの影響を受けるのは、これまでレガシィなカーネル拡張を利用してファイル・オンデマンド(Files On-Demand)機能を提供していた、DropboxとOneDriveで、ファイル・オンデマンド機能はFinder上でのファイルの表示はそのままに、ファイルをクラウド上のみに保存(☁アイコン)することで、Macのストレージ容量を空けることができる機能ですが、

ファイル・オンデマンドのステータスアイコン

macOS 12.3 MontereyではFile Providerフレームワークの強制により、このファイル・オンデマンド機能がデフォルトでとなっており、一見、Finder上に表示されているファイルでも、Macの空き容量を増やすために、クラウド上のみに保存されているため、オフラインでは開けない場合があります。

Microsoft OneDriveのファイルオンデマンド

Microsoft OneDriveのファイルオンデマンド

 Microsoftは、この問題を回避するために先にリリースしたOneDrive for Mac v22.033で、全てのファイルをローカルにダウンロードするオプションを追加しましたが、

 Dropboxは、03月上旬にApple Siliconをサポートした「Dropbox Stable Build 143.4.4161」をリリースしたものの、これはFile Providerフレームワークに対処してものではなく、

現在もFile ProviderフレームワークのサポートについてはBeta段階で、Dropboxは[オンラインのみ]のファイルを開く際に問題が発生する可能性があるとしてサポートページを公開しているので、ユーザーの方は注意してください。

Dropbox File Provider

macOS 12.3 へのアップデートを選択した場合、お使いの Mac 上のサードパーティ製アプリケーションで[オンラインのみ]のファイルを開く際に問題が発生する可能性があります。一時的な回避策として、[オンラインのみ]のファイルを直接 Finder で開くことができます。

Dropbox support for macOS 12.3 – Dropbox Help

コメント

  1. 匿名 より:

    OneDriveの問題回避リリースが早かったけど、「全てのファイルをダウンロードする」対処だけなら使わない・要らない人が多いのでは。私もそのひとり。