Microsoft、14個の新しいテキストと配列操作関数をサポートした「Excel for Mac v16.65」をリリース。

スポンサーリンク

 Microsoftが14個の新しいテキストと配列操作関数をサポートした「Excel for Mac v16.65」をリリースしています。詳細は以下から。

Microsoft Excel for macOS 11 Big Sur

 Microsoftは現地時間2022年09月13日、同社オフィススイートの最新バージョンとなる「Microsoft 356/Office 2021 v16.65 for Mac」をリリースし、同バージョンでExcel for Macに新しい14個の関数を追加したと発表しています。

Microsoft Excel for Mac v16.65アップデート

14 個の新しいテキスト関数と配列関数を使用してワークシートを過給します。 14 個の強力な新機能を使用して、テキストを簡単に分割し、データを再配置します。 TEXTSPLIT を使用してテキストまたは VSTACK を分割し、複数の配列を結合してみてください。

Office for Mac のリリース ノート – Microsoft

 新たに追加された関数はテキストを分割できるTEXTSPLITや、配列を結合できるVSTAK, HSTAKなど以下の14個で、Excel for Windows版でも08月より利用可能になっています。また、同バージョンではPowerPoint for Macでリモートから任意のコードを実行される可能性のあるRCE脆弱性(CVE-2022-37962)が修正されているので、Office for Macユーザーの方はアップデートしてみてください。

Excel for Mac v16.65で追加された関数

  • TEXTBEFORE – 文字を区切る前のテキストを返します
  • TEXTAFTER – 文字を区切った後のテキストを返します
  • TEXTSPLIT – 区切り文字を使用してテキストを行または列に分割します
  • VSTACK – 配列を垂直方向にスタックします
  • HSTACK – 配列を水平方向にスタックします
  • TOROW – 配列を 1 行として返します 
  • TOCOL – 配列を 1 つの列として返します 
  • WRAPROWS – 行配列を 2D 配列にラップします
  • WRAPCOLS – 列配列を 2D 配列にラップします 
  • TAKE – 配列の開始または終了から行または列を返します
  • DROP – 配列の開始または終了から行または列を削除します
  • CHOOSEROWS – 配列から指定された行を返します
  • CHOOSECOLS – 指定された列を配列から返します
  • EXPAND – 配列を指定された次元に拡張します