Apple、最新のmacOS 11 Big Sur/iOS 14でCanon EOS M50 Mark IIやOlympus OM-DシリーズなどのRAWフォーマットをネイティブサポート。

スポンサーリンク

 Appleが最新のmacOS 11 Big Sur/iOS 14でCanon EOS M50 Mark IIやOlympus OM-Dシリーズ、Sony ILME-FX3などのRAWフォーマットをネイティブサポートしています。詳細は以下から。

iOS 10のカメラアイコン。

 Appleは現地時間2021年07月28日、macOS 11 Big SurおよびiOS 14/iPadOS 14でネイティブサポートするデジタルカメラのRAWフォーマットリストをアップデートし、以下のカメラのRAWフォーマットをサポートしたと発表しています。

Digital camera RAW formats supported by iOS 14, iPadOS 14, and macOS Big Sur

Support for additional RAW formats is added over time. This list is current as of 28 July 2021 and reflects compatibility with the latest versions of iOS 14, iPadOS 14, and macOS Big Sur.

Digital camera RAW formats supported by iOS 14, iPadOS 14, and macOS Big Sur – Apple Support

  新たにサポートされたのはCanonのミラーレス一眼EOS M50 Mark II (日本名称はEOS Kiss M2)やOlympus OM-DシリーズのE-M1 Mark III, E-M10 Mark IV, E-M5 Mark III, PEN E-PL10およびSony Alpha ILME-FX3で、

RAWサポートはシステムデータファイル扱いのため07月28日よりロールアウトが開始され、バックグラウンドでアップデートされればシステム情報アプリの[ソフトウェア] → [RAW対応]に反映されるので、気になる方はチェックしてみてください。

Digital camera RAW formats support

RAWサポートカメラ

  • Canon EOS M50 Mark II
  • Olympus OM-D E-M1 Mark III*5
  • Olympus OM-D E-M10 Mark IV
  • Olympus OM-D E-M5 Mark III*5
  • Olympus PEN E-PL10
  • Sony Alpha ILME-FX3
5. ハイレゾショット機能で撮影した RAW 画像は除く