macOS 11 Big SurではAFP over TCP/IPを使用したファイル共有が廃止され、SMBでのファイル共有のみに。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurではApple/AppleTalk Filing Protocol (AFP) over TCP/IPを使用したファイル共有が廃止され、SMBでのファイル共有のみになっています。詳細は以下から。

ファイル共有

 Appleは2018年にリリースしたmacOS 10.13 High Sierraで、ネットワーク上のボリュームに作成するTime Machineの接続プロトコルをAFP(Apple/AppleTalk Filing Protocol)からSMB(Server Message Block)に変更しTime Machine over SMBを採用、その後もAPFSボリュームの共有にSMBを採用し、iOS 13/iPadOS 13ではSMB3.0サーバーに対応するなど、SMB積極的に採用することでAFPを実質非推奨としてきましたが、macOS 11 Big Surではファイル共有のプロトコルからAFPが廃止されました。

SMB共有のみになったmacOS 11 Big Sur

システム環境設定 → [共有] → [✅ファイル共有] → [オプション]

 AppleはMac OS X時代からWindowsとのファイル共有をサポートするためにSMB共有をサポートしてきたため、AFPファイル共有が廃止されても問題ないと思われますが、macOS 11 Big Sur搭載のMacにはafp://での接続が不可能になっているので、ユーザーの方は注意してください。

macOS 10.15 Catalinaのファイル共有はSMBとAFPをサポート

macOS 11 Big Surで廃止されたのはAFPサーバーでクライアント側は現在も対応しているので、Big Surから古いAFPサーバーに接続することは可能です。
スポンサーリンク

おまけ

 また、AppleはApple Silicon Macで「ターゲットディスクモード」をMac Sharing Modeとして刷新し、このMac Sharing ModeにもSMBファイル共有(プロトコル)を採用すると発表しています。

Apple Silicon MacのMac Sharing ModeはSMB経由

コメント

  1. 匿名 より:

    ファイル名やフォルダ名、過去にバグ文字コード化けたデータは、
    AFPならコピー出来るがSMBでとコピーできないんだよな。
    0x08:バックスペース問題