Apple、バックグラウンドでダウンロード&インストールされるmacOS 10.14 Mojaveの「セキュリティ構成」と「システムデータファイル」の情報を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではバックグラウンドでXProtectなどの「セキュリティ構成」とフォントやファームウェアなどの「システムデータファイル」がダウンロードされる仕様なっているそうです。詳細は以下から。

macOS 10.14 Mojaveのソフトウェアアップデート

 Appleは日本時間2018年09月25日、macOS 10.14 Mojaveをリリースし、同バージョンからはAppleがアプリを事前に検証する「Notary Serviceや、カメラやマイク、メール、Safariデータなどにアクセスする際にユーザーの承認を求める「User Consentなどのセキュリティ機能が追加されましたが、

macOS 10.14 MojaveのNotary Service

これに加えて、macOSのシステム環境設定アプリに移されたソフトウェア・アップデートパネルからは、「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」オプションが追加されており、このオプションを有効にすることで、macOS MojaveではこれまでのmacOS以上の詳細なシステム&セキュリティ・アップデートが受け取れるそうです。

macOS Mojaveのシステムデータとセキュリティデータアップデート

Keeping your software up to date is one of the most important things you can do to maintain the security of your Mac. […]Background updates include security-configuration updates and system data files, which are automatically installed by default. They don’t cause your Mac to restart, but some take effect only after you restart.

About background updates in macOS Mojave – Apple Support

 Appleが公開したシステム&セキュリティ・アップデートのデータは以下の通りで、これらの更新はバックグラウンドで行われ、自動的にインストールされますが、いくつかのアップデートはMacの再起動後に適用されるそうです。

スポンサーリンク

システム&セキュリティ・アップデート

 自動的にダウンロード&アップデートされるデータは以下の通りで、セキュリティ用のアップデートはこれまでとほぼ変わりませんが、システムデータファイルは拡張されているようです。

セキュリティ構成・アップデート

  • Core Services Application Configuration Data
    ▶互換性のないアプリケーションの起動のブロック。
  • EFICheck AllowListAll
    毎週チェックされるMacのファームウェアのリスト。
  • Gatekeeper Configuration Data
    ▶未認証の開発者が作成したアプリのブロックするGatekeeperの開発者IDリスト。
  • GatekeeperによりブロックされたMacRansom

  • Incompatible Kernel Extension Configuration Data
    ▶Macに悪影響を与える、互換性のないカーネル拡張をブロックためのデータ。
  • MRTConfigData
    macOSにより自動的に削除れるマルウェアのリスト。
  • TCC Configuration Data
    ▶特定のソフトウエアとの互換性を向上させるデータ。
  • XProtectPlistConfigData
    ▶マルウェアの起動をブロックするXProtectのマルウェアリスト。

システムデータ・ファイル

  • フォントのアップデート。
  • システムボイス・ディクテーション・サービスのアップデート。
  • 辞書アプリに新たに追加&更新された語彙のアップデート。
  • 言語モデルやオートコレクト、スペルチェック、入力メソッド、ローマ字の国際的な発音方法などのアップデート。
  • 連絡先やカレンダーのイベント、移動時間アラートの改善。
  • Bluetoothデバイスの検出やデバイスとのコミュニケーションの改善。
  • トラフィック情報に基づくネットワーク要求や自動化されたルーティングの改善。
  • iCloud Keychainの資格情報とAppleデバイス間でのパスワードの改善。
  • Safariで表示される新しいトップレベルドメイン情報。
  • Safariのスマートサーチウィンドウに表示されるWebサイトサジェストの改善。
  • SSL認証書の更新データ。
  • システムレベルでサポートされるRAWフォーマット
  • iOSデバイスのポートレート・モードで撮影された写真と写真アプリ(Photos for Mac)での表示の改善。
  • システム環境設定に表示されるチュートリアル動画のアップデート(トラックパッドの使い方など)。
  • サポートされるメディアフォーマットの情報。
  • トラックパッドとマイク、キーボードのファームウェア・アップデート。
  • Appleの電源アダプターのファームウェア・アップデート。
  • Xcodeで利用される開発用Siri Remoteのファームウェア・アップデート。
  • 互換性のないカーネル拡張をブロックするための情報。
  • 互換性のないアプリを自動的に識別&ブロックして、新しいMacへの以降をブロックするための情報。

おまけ

 なお、これらはバックグラウンドでダウンロード&インストールされるため、通知などは表示されずエンドユーザーは気づきにくいと思いますが、インストールされた後はシステム情報に内容が表示されます。