Apple M1チップ搭載のMacBook Air/Proで2台以上の外部ディスプレイが扱えるグラフィックアダプタ用アプリ「DisplayLink Manager v1.3」がリリース。CPU使用率が最大30%削減され4KディスプレイでHiDPIをサポート。

スポンサーリンク

 Apple M1チップ搭載のMacBook Air/Proで2台以上の外部ディスプレイが扱えるグラフィックアダプタ用ユーティリティ「DisplayLink Manager v1.3」がリリースされています。詳細は以下から。

DisplayLink Manager

 米カリフォルニア州Synaptics傘下の英DisplayLink社は現地時間2021年02月14日、外部ディスプレイの最大利用数が1台という制限のあるMacBook Air/Pro (M1, 2020)で、2台以上の外部ディスプレイ*を扱うことができるDisplayLinks社製チップを搭載したUSB to グラフィックアダプタ用のユーティリティ「DisplayLink Manager for macOS」をv1.3へアップデートし、

Plugable USB-C Triple Display Dock

新たにDisplayLink ManagerアプリがApple Siliconに対応し、4K解像度のディスプレイでのパフォーマンスが向上したと発表しています。*Mac mini (M1, 2020)はHDMIとUSB-C (DP)ポートで最大2台の外部ディスプレイをサポートし、DisplayLink社製チップを搭載したグラフィックアダプタで3台以上の外部ディスプレイ構成が可能です。

DisplayLink Manager v1 3 update now available

DisplayLink is pleased to announce the new 1.3 release is available on our website. This release is for macOS 10.15 Catalina and macOS 11 Big Sur.

メーリングリストより

スポンサーリンク

Apple Silicon対応

 DisplayLink社は昨年12月にDisplayLink製チップを搭載したUSBグラフィックアダプタ用ドライバをv1.2へアップデートし、ドライバはmacOS 11 Big SurとApple Siliconにネイティブ対応させましたが、DisplayLink Manager v1.3では新たにUSBグラフィックアダプタと外部ディスプレイの接続を監視し映像のエンコード/デコードを行うManagerアプリがIntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryとなり、

DisplayLink Manager v1.3 support Apple Silicon

ApparencyのQuickLookプラグインではDisplayLink Manager v1.2となっていますが、実際はv1.3です。

これによりApple M1チップ搭載のMacに4K解像度の外部ディスプレイを接続し、ネイティブ(4K)解像度の動画を再生した際のCPU使用率が最大30%削減されるようになっているそうです。

DisplayLink Manager v1.3 Universal 2 Binary

HiDPI(Retina)モード

 また、同じくDisplayLink Manager v1.3では、DisplayLink製チップを搭載したUSBグラフィックアダプタに接続された4Kディスプレイで、ネイティブ解像度以外にHiDPIモードが選択できるようになり、より鮮明なテキストを表示できるようになっています。

DisplayLink Manager v1.3の4K HiDPI

DisplayLink Manager v1.3リリースノート

  • Added native support for Mac using the Apple M1 chip with new universal binary
  • Added Retina resolutions on 4K displays (32677)
  • Addressed tearing detected in some high load cases (32648)

おまけ

 DisplayLink製チップを搭載したUSBグラフィックアダプタの価格は付属する機能により様々ですが、Plugable社は非公認ながらGigabit Ethernetポート付きでUSB-Cポートを採用しHDMI/DisplayPort接続のディスプレイが2台利用可能な約1万2千円前後のUSB-C to グラフィックアダプタPlugable デュアル4Kディスプレイアダプター USBC-6950UEはDisplayLink Manager v1.3で引き続き利用できているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Apple M1チップ搭載のMacBook Pro (M1, 13-inch, 2020)とPlugable USBC-6950UE

おまけ

 確認したところ、DisplayLinkチップ搭載のUSBグラフィックアダプタでは4K解像度のHiDPI表示のほか、疑似解像度3200×1800や2560×1440表示も可能で、疑似解像度のHiDPI(1600 x 900)なども設定できます。

コメント

  1. さとうゆう より:

    コメント失礼します。DisplayLink Manager v1.3にアップデートして、記事内で紹介されているアダプターを使った場合、MacBook Pro M1 に外部モニターを2台接続して、アダプタ経由で疑似解像度「2,560 x 1,440」を選択できるのでしょうか?

  2. さとうゆう より:

    コメント失礼します。
    記事内に、「DisplayLink Manager v1.3では、DisplayLink製チップを搭載したUSBグラフィックアダプタに接続された4Kディスプレイで、ネイティブ解像度以外にHiDPIモードが選択できるようになり」とありますが、解像度は3200×1800や2560×1440も選択できる感じでしょうか?

    • applech2 より:

      確認したところ、DisplayLinkチップ搭載のUSBグラフィックアダプタでは4K解像度のHiDPI表示のほか、疑似解像度3200×1800や2560×1440表示も可能で、疑似解像度のHiDPI(1600 x 900)なども設定できます。
      ttps://applech2.com/wp-content/uploads/2021/02/Plugable-DisplayLink-4K-HiDPI.jpg

      • さとうゆう より:

        ご回答ありがとうございます。
        非常に助かりました。画像まで添付いただき感謝しています。同じアダプターでマルチディスプレイにしようと思います。

      • さとうゆう より:

        もう一点質問してもいいでしょうか?
        USBC-6950UE を使用した際に不具合はありますか?例えば、スリープ後の解像度が固定できない、Macがたまにフリーズするなどありましたら、教えていただけますか?(Apple TVなどの有料コンテンツが表示できないことは承知しています)