Apple SiliconをフルサポートしたMac用エディタ「MacVim Snapshot 170」がリリース。

スポンサーリンク

 Apple SiliconをフルサポートしたMac用エディタ「MacVim Snapshot 170」がリリースされています。詳細は以下から。

MacVim vim for macOS

 MacVimはBram Moolenaarさんが開発したVimエディタをMac用にGUI化(Cocoa port)したエディタで、2007年にスウェーデン王立工科大学の博士課程だったBjörn Wincklerさんが開発し、現在はSpaceX社のエンジニアのYee Cheng Chinさんらがメンテナンスを行っていますが、このMacVimが2021年03月08日にリリースされた「MacVim Snapshot 170」でApple Siliconをフルサポートしています。

MacVim Snapshot 170

MacVim’s binary release now fully supports Apple Silicon! If you have an M1 Mac you should notice MacVim being more snappy and smoother. #1150

リリースノートより抜粋

 MacVim Snapshot 170はIntelとApple SiliconをサポートしたUniversal 2 Binaryとなっており、RosettaでPython 3を利用している場合はMacVimはRosetta(Intel)エミュレートで動作するため、MacVimでは”:version”コマンドでIntel x86かApple Silicon arm64かを確認することが可能となっており、

システム要件はOS X 10.9 Mavericks以上のIntel/Apple Silicon MacでAppleの公証も取得しているので、興味のある方は試してみてください。

MacVim vim for macOS support Apple Silicon