Microsoft、Universal BinaryでIntelとApple Silicon Macをネイティブサポートした「Microsoft 365/Office 2019 for Mac v16.44」をリリース。

スポンサーリンク

 Microsoft、Universal BinaryでIntelとApple Silicon Macにネイティブ対応した「Office 2019 for Mac v16.44」をリリースしています。詳細は以下から。

Microsoft Office

 Microsoftは現地時間2020年12月15日、Universal 2 BinaryでIntelとApple SiliconApple M1チップを搭載したMacをサポートしたオフィススイート「Microsoft 365/Office 2019 for Mac v16.44」をリリースしたと発表しています。

Microsoft 365/Office 2019 for Mac Universal Binary

We are excited to announce that starting today we are releasing new versions of many of our Microsoft 365 for Mac apps that run natively on Macs with M1. This means that now our core flagship Office apps—Outlook, Word, Excel, PowerPoint, and OneNote—will run faster and take full advantage of the performance improvements on new Macs

4 ways Microsoft 365 is improving the experience for Mac users – Microsoft 365 Blog

 MicrosoftのMicrosoft 365マーケティングマネージャーBill Dollさんによると、OfficeのフラグシップアプリOutlook, Word, Excel, PowerPointそしてOneNoteのUniversal Binary版が本日よりロールアウトされており、OfficeアプリはこれまでバイナリトランスレーターRosetta 2を利用してApple Silicon Macでも使用することができましたが、Apple Siliconをネイティブサポートしたことで、

Word, Excel, PowerPoint, and OneNote

12月16日03時時点ではOutlook for Macのアップデートは配信されていないようです。

WWDCでもコメントされていた通り、Apple M1チップを搭載したMacBook Air/Pro 13インチとMac mini (M1, 2020)でパフォーマンスが向上し、デザインもmacOS 11 Big Surに最適化され、PowerPointについてはウィンドウ枠内でスライドショーを表示する機能も実装されているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Microsoft Office 2019 on WWDC20