Apple、2020年末のEOLに向け、Adobe Flashプラグインのサポートを廃止した「Safari Technology Preview 99」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleが2020年末のEOLに向け、Adobe Flashプラグインのサポートを廃止した「Safari Technology Preview 99」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間2020年01月23日、macOS 10.14 MojaveおよびmacOS 10.15 Catalina向けにデフォルトブラウザであるSafariの次期バージョンで採用が予定されている新機能や不具合修正を行った「Safari Technology Preview v99 (以下、STP v99)」をリリースしましたが、同バージョンではAdobeのFlash Playerが廃止されます。

Safari Technology Preview v99 update

Jan 22, 2020 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 99 is now available for download for macOS Catalina and macOS Mojave. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update in the Software Update pane of System Preferences on macOS.

Legacy Plug-Ins

  • Removed support for Adobe Flash

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

SafariとAdobe Flash

 今回リリースされたSTP v99では、AppleがSafari v12でJavaやMicrosoft SilverlightなどAdobe Flash以外のレガシィなNPAPIプラグインを廃止したとき同様に、Adobe Flashプラグインが完全に廃止されており、Adobe Flash Playerを新規インストールしてもプラグインが復元されることはありません。

Safari Technology Preview v99 とFlash

 Adobeは2017年07月にAppleやFacebook、Google、Microsoft、Mozillaと協力し 2020年末までにAdobe Flash Playerの配布とアップデートを終了(EOL:End-of-life)すると発表していましたが、Flash Playerなどレガシィプラグインのメンテナンスをセキュリティ上の理由から嫌っていたAppleやGoogleは、それ以前(2016年)からレガシィプラグインをデフォルトで無効化し、HTML5 by Default/HTML5 Web Standardへ移行しており、

Appleが2018年09月にmacOS 10.14 MojaveのデフォルトブラウザとしてリリースしたSafari v12ではAdobe Flash Player以外のレガシィプラグインが廃止され、Flash Playerはデフォルトで無効&実行にはユーザーの許可が必要となっていたため、既に多くのユーザーの方がAdobe Flashを利用していないと思われますが、

Adobe Flash Player

Apple WebKitチームのMaciej Stachowiakさんは、メインラインのブラウザでFlashが無くなるにはまだ時間がかかるとコメントしているので、SafariでFlashが廃止されるのは06月のWWDC 2020で発表されるであろう次期Safari v14になるかもしれませんが、ユーザーの方はそれまでに対応する必要があります。

Adobe Flash終了までのタイムライン

  • 2016年06月14日
    ▶ WWDC 2016に合わせて、WebKitチームがSafari v10以降、Adobe FlashやJava, Silverlight, QuickTimeなどのレガシープラグインを段階的に無効/廃止していくと発表。

  • 2016年09月20日
    ▶ macOS 10.12 Sierraと同時にリリースされたSafari v10で、Adobe FlashやJava, Silverlight, QuickTimeといったレガシィープラグインがデフォルトで無効に。

  • 2016年11月09日
    ▶ Safari Technology Preview v17でSafari Extensions(.safariextz)でのNPAPIプラグインを廃止

  • 2017年07月25日
    ▶ AdobeはAppleやFacebook、Google、Microsoft、Mozillaと協力し、Flash Playerの配布およびアップデートを2020年末までに終了すると発表。

  • 2018年03月21日
    ▶ Microsoft SilverlightやJava RuntimeなどAdobe Flash以外のレガシーNPAPIプラグインを非サポートとしたSafari Technology Preview v52がリリース。

  • 2018年09月17日
    ▶ macOS 10.12 SierraやmacOS 10.13 High Sierra、macOS 10.14 Mojave向けにリリースしたSafari v12でJavaやMicrosoft SilverlightなどAdobe Flash以外のNPAPIプラグインを廃止 。

  • 2019年04月19日
    ▶ Safariでほとんどのインターネットプラグインのサポートを終了し、インターネットプラグインを必要としないHTML5 Web Standardへ移行すると発表。

  • 2019年09月03日
    ▶ macOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave向けのSafari Technology Preview v79で5 x 5ピクセル以下の全てのFlahプラグインを完全にブロック。

  • 2020年01月23日
    ▶ macOS 10.14 MojaveおよびmacOS 10.15 Catalina向けの「Safari Technology Preview v99」でAdobe Flashプラグインが完全に廃止。

  • 2020年末
    ▶ Adobe Flashプレイヤーの配布およびアップデートが終了。

コメント

  1. 匿名 より:

    酒造メーカー案件がらみの発言で声優が降板させられたと話題になっていたが
    そのネットラジオ局が視聴者数の割に未だにFlash使い続けてるんだよなあ……
    アプリも6年更新止まっていて、もはや起動してもまともに再生が始まる確率の方が少ない。
    もはやクソみたいな海外エロサイトでもお目にかからなくなったFlashを平然と使えるところがさすがジャップ企業だわ。