Apple、非HTTPSサイトでスマートサーチフィールドに警告を表示する機能などを追加した「Safari Technology Preview 70」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleが非HTTPSサイトでスマートサーチフィールドに警告を表示する機能などを追加した「Safari Technology Preview 70」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間2018年11月14日、macOS 10.14 MojaveやiOS 12の次期アップデートに同梱される「Safari v12.1」で採用予定の機能を搭載したプレビュー版SafariSafari Technology Preview(以下STP) v70」をHigh SierraとMojave向けにリリースしたと発表しています。

Nov 14, 2018 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 70 is now available for download for macOS Mojave and macOS High Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update in the Software Update pane of System Preferences on macOS Mojave and from the Mac App Store’s Updates tab on macOS High Sierra. After updating to macOS Mojave, you may have to reinstall Safari Technology Preview.

Release Notes for Safari Technology Preview 70 – WebKit

 STP v70ではWeb AnimationやWebRTCの不具合が修正されている他、Google Chromeと同様に非セキュア(HTTP)サイトを開いた際にスマートサーチフィールドに“Not Secure”の警告が表示されるようになっています。

Safariの非セキュアなWebサイト警告

Security UI

  • Added a warning in the Smart Search field when loading non-secure pages

Release Notes for Safari Technology Preview 70 – WebKit

 警告の表現はSafari v11.1で導入されたHTTPサイトでのパスワード入力の場合と違い❗️Webサイトは安全ではありませんとは違い、Chrome v68と似て、URLと同じカラーで警告マークはありませんが、この警告は全ての非セキュアなWebサイトで表示されるようになっているので、Web管理者の方は常時SSL化をすることをおすすめします。

Safari v11.1のスマート検索フィールド警告

コメント

  1. 匿名 より:

    え、分かりにくくなってんじゃん