Apple、”Resource Timing”を実験的にサポートした「Safari Technology Preview 25」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが”Resource Timing”を実験的にサポートした「Safari Technology Preview 25」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2017年03月08日、次期Safariへ搭載が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safariブラウザ「Safari Technology Preview(以下STP)」の25度目のアップデートとなる「STP v25」を公開しています。

Mar 8, 2017 by Jon Davis @jonathandavis

Safari Technology Preview Release 25 is now available for download for macOS Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 212356-213542.

Release Notes for Safari Technology Preview 25 – WebKit

  STP v24ではWebページのパフォーマンスを高精度で計測できる”User Timing“APIがサポートされましたが、v25ではこのAPIがデフォルトで有効になるとともに、リソースの読み込みなどの詳細を得ることが出来る”Resource Timing“APIが実験的にサポートされているそうです。

  • Resource Timing
    • Added Resource Timing as an experimental feature enabled by default (r212945)
    • Added Resource Timing support in Workers (r212449)
    • Improved gathering timing information with reliable responseEnd time (r212993)
    • Changed loads initiated by media elements to set the initiatorType to their element name (r212994)
  • User Timing
    • Enabled User Timing by default as an experimental feature (r212945)
    • Changed performance.measure in Workers to throw a SyntaxError if provided mark name is not found (r212806)