Apple、一部のMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)のバッテリーに問題あることが確認されたとして「15インチMacBook Proバッテリー自主回収プログラム」を開始。

スポンサーリンク

 Appleが一部の旧世代MacBook Proのバッテリーに問題あることが確認されたとして「15インチMacBook Proバッテリー自主回収プログラム」を開始しています。詳細は以下から。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

 Appleは現地時間2019年06月20日、一部のMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)にバッテリーが過熱され防火安全上の問題が発生する可能性があるとして「15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を新たに開始したと発表しています。

15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム

一部の旧世代の 15 インチ MacBook Pro のバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明しました。この問題が確認されているのは、主に 2015 年 9 月から 2017 年 2 月までの間に販売された 15 インチ MacBook Pro で、本プログラムの対象となるかどうかは製品のシリアル番号で判断されます。

15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム – Apple サポート

 今回のリコール対象となるMacBook Proは主に2015年09月から2017年02月までの間に販売されたMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)で、サポートサイトでは対象製品をシリアル番号で確認できるようになっているので、15インチMacBook Proをお持ちの方はAppleメニューからモデルとシリアル番号を確認してみてください。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)のシリアル番号

対象製品
まず、お使いの 15 インチ MacBook Pro のモデルをお確かめください。画面の左上隅にある Apple メニュー () から「この Mac について」を選択し、”MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)” というモデル名が表示されているかご確認ください。このモデル名が表示されている場合は、そのコンピュータのシリアル番号を下のボックスに入力して、本プログラムの対象となるかどうかご確認ください。

15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム – Apple サポート

交換手続き

 交換手続きはApple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店、Apple サポートへの配送修理が選択できますが、今回はバッテリーのバタフライキーボードの修理などとは違い、バッテリーのリコールのためどの方法であってもAppleのリペアセンターへ送られ実機検査の上修理されるそうで、修理には1~2週間かかる場合があるため、Appleはユーザーに対しTime MachineやiCloudでデータのバックアップをとっておくように勧めています。

交換手続き

  1. Apple 正規サービスプロバイダ:近くの正規サービスプロバイダを探す。
  2. Apple Store 直営店:予約して直接持っていく。
  3. Apple サポート:Appleに問い合わ後、サポート担当者がAppleリペアセンターへ配送修理手配。
スポンサーリンク

おまけ

 今回のリコールの発端になったかは定かではありませんが、アメリカではDJのWhite Pandaさんが先月末、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)モデルをAppleの純正電源アダプタを利用して充電していたところ急に爆発したとして、その動画を公開していました。

Yesterday afternoon my MacBook Pro exploded during normal use. It was on my lap, plugged in, and suddenly started to spew smoke out both sides. I quickly placed it on the floor where it popped, the smoke increased, and it caught fire. Toxic smelling smoke filled my house triggering smoke and CO alarms. No one was injured, thankfully, but there was some damage to my home.

My MacBook Pro exploded and burst into flames : apple

2018年以降に発表されたリペアプログラム

 また、Appleは2018年から2019年にかけて以下のような交換プログラム(リコール)を発表しているので、ユーザーの方は確認してみてください。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)のリコール

コメント

  1. 匿名 より:

    2016は問題ないのかな?

  2. 匿名 より:

    俺的な感想ですがこのMacBookPro2015年が最高のノート型Macだったな。何でも繋がるし
    とがっていながら汎用性が高かった。今のはアダプターのアダプター、アダプターアダプター、

    • 匿名 より:

      Thunderbolt 3が無いのがMid 2015の最大の欠点かもしれないね。

    • 匿名 より:

      まあいつまでも古いコネクタ残してたらお前らってずっとそれ使うからハード界の代謝上げるためにもUSB-Cの方を歓迎するよ。
      ドッキングステーションとかハブ使えばポート1つの抜き差しもできるしね。
      不便さに伴って無線化ハードも進化するだろう。
      あんたらの言い分聞いてたらいまだにホットスワップ不可能なパラレルポートが残ってそうw

  3. 匿名 より:

    まーたMacBook Proか

  4. 匿名 より:

    リコールは生命の危険が伴う場合の話だから今回は該当するけど、キーやSSDなどのその他は、あくまで修理プログラムね

    これを同様に語るのは良くないと思う。

  5. 匿名 より:

    リコールは生命の危険が伴う場合の話だから今回は該当するけど、キーやSSDなどのその他は、あくまで修理プログラムね

    これを同様に語るのは良くないと思う。

  6. 匿名 より:

    MacBookPro2015がMac購入の最後だった。それまでは、ほぼ毎年買い替えてたのに…
    macOSが使いやすいんだけどね。T2が載った物は、買う気がしない。
    アダプターや不具合にウンザリして、すっかりWindowsになってしまった。
    ノートでもメモリー64GB載るし、SSDも自分で変えれるし、GPUはNvidiaだし、
    自由でいいね。

    • 匿名 より:

      そりゃ自由でいいね

      ちなみに換装式のSSDとMacBookシリーズの直付けSSDとでは話にならんほどスピードが違うしメモリもOSレベルで最適化されてるんで64GBなんて殆どの場合で必要ないよ。

      自己満スペオタにはMacは必要ないのかもね。

      • 匿名 より:

        メモリもOSレベルで最適化してるなら、
        あたらしいMacProも最大32GBでも、最適化で大丈夫なの?

        13インチで32GB載せて欲しい要望は、何故あるのかな?

        どんな仕事してるのかなぁ。

        Macで64GB載せてても、足りなくなる時あるけどね。
        32GBと64GBでは、大きな違いが出てるけどね。

        • 匿名 より:

          Mac ProとMacBook Proじゃ目的が違うからね……開発に使う場合は8-16GBあれば十分だし、クリエイターとかで64GB欲しい人はノートを母艦に使わないでしょ。64GBのノートとか、ジェットエンジン載せたグライダーみたいなもんやん

          ゲーム?そりゃWindows買えとしか……

  7. 匿名 より:

    ワイの2014も今までに2回膨らんだんだけどな〜

  8. 匿名 より:

    俺の2014も蓋開けたらサトウの切り餅になってた・・・

  9. 匿名 より:

    「バッテリー交換しろ」て数ヶ月前から出てたから「オッ私のも該当するのかな?」て思って調べたら該当してなかった……チクショウ!