Apple、日本を含むいくつかの国で発売されたごく一部の「iPhone 7」がサービスエリア内でも「圏外」になる問題対し修理プログラムを発表。

スポンサーリンク

 Appleが日本を含むいくつかの国で発売されたごく一部の「iPhone 7」がサービスエリア内でも「圏外」になる問題に対する修理プログラムを発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年02月02日、iPhone 7が発売された2016年09月から2018年02月までの間に製造された、日本を含む中国、香港、マカオ、米国で販売されたごく一部の「iPhone 7」でメインロジックボードのコンポーネントの故障により、モバイルデータ通信のサービスエリア内でもステータスバーに「圏外」と表示される場合があるとして「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」を行うと発表しています。

iPhone 7 Repair Program for "No Service" Issues

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。
この問題が確認されているのは、2016 年 9 月から 2018 年 2 月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7 です。本プログラムの対象となる iPhone 7 のモデル番号については、下記の表でご確認ください。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム – Apple サポート

 本プログラムの対象となるのは以下のモデル番号で、モデル番号はiPhone 7本体背面の印字で確認でき、対象のモデルは修理開始前にAppleにて実機検査を行いプログラム適用対象化を検証後、対象の場合は無料でのデバイス修理を行い、既に有償で修理をされた方はAppleから返金手続きのメールが送られてくるそうです。

モデル番号 国/地域
A1660, A1780 中国
A1660
  • 香港
  • マカオ
  • 米国 (プエルトリコと米領ヴァージン諸島を含む)
A1779 日本

スポンサーリンク

FeliCa対応のiPhone 7

 また、モデル番号「A1779」は日本国内で発売されたSuica(FeliCa)対応の日本独自モデルの「iPhone 7」に与えられたモデル番号で、日本国内で各キャリアなどからiPhone 7を購入された方は全てモデル番号A1779となっているはずですが、

FeliCa対応のiPhone 7

日本で販売される iPhone 7 および iPhone 7 Plus モデル (A1779 と A1785) は、FeliCa に対応し、Apple Pay による決済や交通料金の支払いが可能になります。

iPhone のモデルを識別する – Apple サポート

全ての「iPhone 7」が交換対象となるわけではないそうなので、利用されている「iPhone 7」に同様の問題が発生している方はAppleのサポートに問い合わせてみて下さい。*また、Appleは以下の情報を追加しています。

追加情報

  • 修理を受けられるのは製品の最初のご購入国かご購入地域のみとさせていただく場合があります。
  • 本プログラムは iPhone 7 の通常の製品保証期間を延長するものではありません。
  • 本プログラムは、iPhone 7 本体の最初の小売販売日から 2 年間、対象となる iPhone 7 に対して適用されます。

「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム – Apple サポート

コメント

  1. 匿名 より:

    やられたw
    まあ、そんな不具合があったのを今知った。