Apple、ごく一部のiPhone 8に欠陥のあるロジックボードが含まれていたとして、対象のiPhoneを無償で修理する「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を発表。

スポンサーリンク

 Appleが、ごく一部のiPhone 8に欠陥のあるロジックボードが含まれていたとして、対象のiPhoneを無償で修理する「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年08月31日、ごく一部のiPhone 8において、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明したとして、同モデルを無償で交換する「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を新たに開始したと発表しています。。

ごく一部の iPhone 8 に、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明しました。当該の iPhone 8 では、突然再起動する、画面がフリーズする、iPhone をオンにできないなどの症状が見られることがあります。Apple では、対象となる iPhone 8 を無償で修理いたします。

この問題が確認されているのは、2017 年 9 月から 2018 年 3 月までの間に、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マカオ、ニュージーランド、および米国で販売された iPhone 8 です。

iPhone 8 ロジックボード交換プログラム – Apple サポート

 欠陥のあるロジックボードのiPhone 8では突然iPhone 8が再起動したり、画面のフリーズ、iPhoneがONにできない問題が発生しているそうで、対象のモデルは2017年09月から2018年08月の間に日本を含むオーストラリア、中国、香港、インド、マカオ、ニュージーランド、米国で販売されており、

Appleの公式サイトにはシリアル番号を入力して対象のモデルをか調べられるボックスが用意されているので、iPhone 8ユーザーの方はチェックしてみてください。

このプログラムはiPhone 8のみでiPhone 8 Plusは対象になりません。
スポンサーリンク

シリアル番号の確認方法

 iPhoneのシリアル番号はiPhoneが入っていたパッケージ・ケースやSIMトレイに記載されていますが、設定アプリから[設定] → [一般] → [情報]に進み「シリアル番号」をタップすると、シリアル番号をコピーできるので、これをリペアプログラムのサイトにペーストすれば簡単に対象のiPhone 8かを調べられます。

修理手続き

 また、修理手続きは以下の3つの手続き(Apple StoreかApple正規サービスプロバイダ、Appleリペアセンターへの配送修理)が選択できますが、修理開始前には実機検査が行われ、ユーザーのiPhone 8が修理プログラムの適用対象かが検証されるそうです。

Apple Store直営店

  1. Apple正規サービスプロバイダ:お近くの正規サービスプロバイダをお探しください。
  2. Apple Store直営店: あらかじめこちらからご予約ください。
  3. 配送修理:こちらからApple リペアセンターへの配送手配をしてください。

Appleによる追加情報

  • 修理を受けられるのは製品の最初のご購入国/地域のみとさせていただく場合があります。
  • 本プログラムは iPhone 8 の通常の製品保証期間を延長するものではありません。
  • 本プログラムは、対象となる iPhone 8 に対し、その最初の小売販売日から 3 年間適用されます。

おまけ

 また、Appleは2018年に入り、MacBook Early 2015およびMacBook Pro 2016モデル以降の一部のキーボード問題を無償で修理するキーボード修理プログラムやMacBook Pro (非Touch Bar)のバッテリーついて13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) バッテリー交換プログラムなども発表しているので、対象の方は同時にチェックしてもらうのもいいかもしれません。

Keyboard Service Program for MacBook and MacBook Pro - Apple Support

2018年に発表されたリペアプログラム

コメント

  1. 匿名 より:

    いまさらかよ。もうすぐ新しいモデルが発表されるのに。