Astro HQ、iPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるmacOS Catalinaの新機能「Sidecar」についてコメント。

スポンサーリンク

 Astro HQがiPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるmacOS Catalinaの新機能「Sidecar」についてコメントしています。詳細は以下から。

iPadをMacの液晶タブレット化できるアプリ「Astropad」のアイコン

 Appleは現地時間2019年06月03日、WWDC 2019の基調講演にて次期Mac用OSmacOS 10.15 Catalina (カタリナ)」を発表しましたが、このCatalinaの新機能SidecarはiPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるというもので、Astro HQのプロダクトであるAstropad」シリーズとほぼ同じ機能であるため、Astro HQがこの機能についてコメントしています。

Dear Astropad Community,
You may have heard the news; we did too. Apple has decided to dabble in the connected workspace domain that we know super well. You’ve also likely seen the headlines about Apple’s power over small developers and sherlocking top-grossing apps. We’re disappointed, but let it be known:

A Message from Astropad’s Founders – Astroblog

 元AppleのQuickTimeエンジニアだったMatt Ronge CEO(写真右)とmacOSエンジニアだったGiovanni Donelliさん(写真左)はSidecarはうまくいくかもしれないが、Astropad/Luna DisplayはMacとiPadのワークスペースの融合だけでなく、

Continuity Markup/Sketch

高度なカスタマイズ機能や低レイテンシー[1, 2]な環境を提供しており、MacだけでなくWindowsへの対応についても前向きに取り組んでいくとして開発を継続し、ユーザーに対して意見を求めているので、何かアイデアがある方は公開されているメールアドレスやTwitterでリプライしてあげてください。