Apple、64-bit環境への移行に伴いmacOS Mojave後のmacOSでネイティブサポートされなくなるレガシィメディアのファイルフォーマットをFCPXやiMovieユーザー向けに公開。

スポンサーリンク

 Appleが64-bit環境への移行に伴いmacOS Mojave後のmacOSでネイティブサポートされなくなるレガシィメディアのファイルフォーマットをFCPXやiMovieユーザー向けに公開しています。詳細は以下から。


 Appleは2017年のWWDC 2017では発表したmacOS 10.13 High Sierraで将来のmacOSで32-bitアプリを非サポートとするために、開発者にMac App Storeに提出するアプリの64-bit化を義務付け、macOS 10.14 Mojaveでは32-bitアプリ起動時に警告を表示し、自社のDVDプレイヤーアプリを64-bit化、レガシィメディアと互換性のあるQuickTime 7のサポートを終了しましたが、

Quick Time Player 7 in macOS Mojave

QuickTime 7自体はmacOS 10.14 Mojaveでも動作します。

2018年12月にメディアエディタ向けに案内されたメーリングリストによると、AppleはmacOS Mojave後のmacOSにて64-bitテクノロジへの完全な移行を行う目的で、QuickTime 7フレームワークとの互換性のあった以下のメディアフォーマットやコーデックをレガシィフォーマットとし、macOSでネイティブサポートしなくなると発表しています。

Legacy media formats affected by the transition to 64-bit technology

In macOS versions up to and including macOS Mojave, third-party software has extended the QuickTime 7 framework to support many legacy media formats. In versions of macOS after macOS Mojave, the QuickTime 7 framework will no longer be available, so legacy formats will not be supported in Final Cut Pro and Motion.

About legacy media in Final Cut Pro X – Apple Support

スポンサーリンク

レガシィフォーマットと64-bitへの移行

 レガシィフォーマットとなるのは具体的に以下のメディアフォーマットで、macOSでネイティブサポートされなくなるものの、開発元が自社製やサードパーティ製アプリ用のプラグインでmacOSでのサポートを続けるならば、それらのフォーマットのメディアは利用できるそうですが、

iMovie for Mac

少なくともQuickTime 7フレームワークやプラグインに依存したiMovieやFinal Cut Pro X(以下、FCPX)、MotionなどのApple製アプリでは互換性がなくなるため、Appleは2019年上半期に公開するiMovieおよびFCPXのアップデートに、レガシィフォーマットを判定しQuickTime 7フレームワークを利用しているメディアを変換できる機能を追加するそうです。

レガシィフォーマット

iMovie Final Cut Pro X
  1. 3ivx MPEG-4
  2. AV1 / VP9
  3. AVC0 Media AVA0 Media
  4. BitJazz SheerVideo
  5. CineForm
  6. Cinepak
  7. DivX
  8. Flash Video
  9. FlashPix
  10. FLC
  11. H.261
  12. Implode
  13. Indeo video 5.1
  14. Intel Video 4:3
  15. JPEG 2000
  16. Microsoft Video 1
  17. Motion JPEG A
  18. Motion JPEG B
  19. On2 VP3, VP5, VP6, VP6-E, VP6-S, VP7, VP8, VP9
  20. Perian collection of codecs
    (Microsoft MPEG-4, DivX, 3ivx, VP6, VP3, and others)
  21. Pixlet
  22. Planar RGB
  23. RealVideo
  24. Sorenson 3
  25. Sorenson Sparc
  26. Sorenson Video / Video 3 / YUV9
  27. Streambox ACT-L2
  28. Windows Media Video 7, 8, 9
  29. Xiph.org’s Theora Video
  30. ZyGoVideo

  

  1. 3ivx MPEG-4
  2. AV1 / VP9
  3. AVC0 Media AVA0 Media
  4. Avid DNxHD / DNxHR
  5. Avid DV / DV100 / JFIF / Motion JPEG
  6. Avid Meridien / 1:1x / Packed / RGBPacked
  7. BitJazz SheerVideo
  8. CineForm
  9. Cinepak
  10. DivX
  11. Flash Video
  12. FlashPix
  13. FLC
  14. GlueTools codecs for
    Cineon/DPX, Phantom Cine, ARRIRAW, Uncompressed RGB
  15. H.261
  16. Implode
  17. Indeo video 5.1
  18. Intel Video 4:3
  19. JPEG 2000
  20. Microsoft Video 1
  21. Motion JPEG A
  22. Motion JPEG B
  23. On2 VP3, VP5, VP6, VP6-E, VP6-S, VP7, VP8, VP9
  24. Perian collection of codecs
    (such as Microsoft MPEG-4, DivX, 3ivx, VP6, and VP3)
  25. Pixlet
  26. Planar RGB
  27. RealVideo
  28. REDCODE QuickTime Decoder (.mov)
  29. SGI
  30. Sony HDCAM-SR (SStP)
  31. Sorenson 3
  32. Sorenson Spark
  33. Sorenson Video / Video 3 / YUV9
  34. Streambox ACT-L2
  35. Windows Media Video 7, 8, 9
  36. Xiph.org’s Theora Video
  37. ZyGoVideo

macOS Mojave以降も互換性のあるフォーマット

 また、以下のビデオ、オーディオ、画像、コンテナのフォーマットはQuickTime 7フレームワークに依存していないため、macOS Mojave後のmacOSでも引き続きiMovieやFCPX, Motionで利用することができるそうです。

Formats compatible with versions of macOS after macOS Mojave

Video formats

iMovie Final Cut Pro X
  1. Apple Intermediate Codec
  2. Apple ProRes
  3. AVCHD
    (including AVCCAM, AVCHD Lite, and NXCAM)
  4. DV (including DVCAM, DVCPRO, and DVCPRO50)
  5. H.264
  6. HDV
  7. HEVC
  8. iFrame
  9. Motion JPEG (OpenDML only)
  10. MPEG-4 SP
  11. XAVC-S

  

  1. Apple Animation codec
  2. Apple Intermediate codec
  3. Apple ProRes
  4. Apple ProRes RAW
  5. AVCHD
    (including AVCCAM, AVCHD Lite, and NXCAM)
  6. AVC-ULTRA
    (including AVC-LongG, AVC-Intra Class 50/100/200/4:4:4, and AVC-Intra LT)
  7. Canon Cinema RAW Light*(要ソフトウェアサポート)
  8. DV (including DVCAM, DVCPRO, and DVCPRO50)
  9. DVCPRO HD
  10. H.264
  11. HDV
  12. HEVC (H.265)
  13. iFrame
  14. Motion JPEG (OpenDML only)
  15. MPEG-4 SP
  16. MPEG IMX (D-10)
  17. REDCODE RAW*
  18. Uncompressed 8-bit 4:2:2
  19. Uncompressed 10-bit 4:2:2
  20. Uncompressed 10-bit “R10k”
  21. XAVC (including XAVC-S)
  22. XDCAM HD/EX/HD422
  23. XF-AVC

Audio formats

  • AAC
  • AIFF
  • BWF
  • CAF
  • MP3
  • MP4
  • RF64
  • WAV

Still-image formats

  • BMP
  • GIF
  • HEIF
  • JPEG
  • PNG
  • PSD
  • RAW
  • TGA
  • TIFF

Container formats

  • 3GP
  • AVI
  • M4V (iMovie)
  • MOV (QuickTime)
  • MP4
  • MTS/M2TS (FCPX only)
  • MXF (FCPX only)

32-bitアプリ終了へのタイムライン

 Appleがこれまでに行ってきた64-bit環境への移行プロセスや今後の予定は以下の通りで、次期macOS 10.15が発表されると思われるWWDC 2019ではさらに詳しい情報が公開されると思われます。

macOS 10.14 Mojaveは32-bitアプリをサポートする最後のmacOS

  • 2017年09月25日
    ▶ 32-bitアプリをフルサポートするmacOS「macOS 10.13 High Sierra」をリリース。
  • 2018年01月
    ▶ Mac App Storeで公開する新しいアプリは64-bit化が必須に。
  • 2018年04月
    macOS 10.13.4 High Sierraで32-bitにアプリ起動時に警告を表示
  • 2018年06月
    ▶ Mac App Storeに存在&アップデートするアプリに64-bit化を必須に。
  • 2018年06月
    macOS 10.14 Mojaveが32-bitアプリをサポートする最後のmacOSになると発表
  • 2018年09月
    macOS 10.14 Mojaveをリリース。レガシーソフトウェア確認機能を追加し、32-bitアプリは30日間毎に「このMac用に最適化されていません」という警告を出す仕様に。
  • 2019年前半
    ▶ iMovieやFCPXにmacOSが64-bit環境へ移行するのに伴いネイティブサポートされなくなるメディアを判定する機能と変換機能を追加。
  • 2019年秋(?)
    ▶ macOS 10.15で32-bitアプリとQuickTime 7やJava 1.6 Appleなどを含むフレームワークのサポートを終了へ。

コメント

  1. 匿名 より:

    JPEG2000がレガシー扱いか。
    なんだったんだろうな。