Apple、Beta Software Programメンバー向けに「macOS 10.14 Mojave Public Beta」の提供を開始。

スポンサーリンク

 AppleがBeta Software Programメンバー向けに「macOS 10.14 Mojave Public Beta」の提供を開始しています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2018年06月26日、Beta Software Programメンバー向けに初のPublic Beta版となる「macOS 10.14 Mojave Public Beta」の提供を開始しています。

macOS 10.14 Mojave Public Beta

The Mojave public beta is now available from the Apple Beta Software Program.

メーリングリストより

スポンサーリンク

High Sierraとの違い

 macOS 10.14 Mojave Public Beta版のシステム要件は2012年モデル以降のMacまたはMetalをサポートしたGPU搭載のMac Proとなっているため(iOS 12はiOS 11と同じ2013年以降)、macOS 10.13.x High SierraがインストールされているMacでもアップグレードできないものもある他、

Metalサポートデバイスの一覧

OS X 10.11
El Capitan
macOS 10.12
Siera
macOS 10.13
High Siera
macOS 10.14
Mojave
MacBook Late 2008アルミニウム製
またはEarly 2009以降
Late 2009以降 Mid 2015以降
MacBook Air Late 2008以降 Mid 2010以降 Mid 2012以降
MacBook Pro Mid/Late 2007以降 Late 2010以降
Mac mini Early 2009以降 Mid 2010以降 Late 2012以降
iMac Mid 2007以降 Late 2009以降
iMac Pro macOS 10.13.2
High Sierra (17C2111)で発売
2017以降
Mac Pro Early 2008以降 Mid 2010以降 Metalと互換性のある
GPUを積んだ2010/2012のMac Pro

macOS Mojaveは32-bitアプリがサポートされる最後のmacOSで、HDDおよびFusion Drive搭載のMacでも、HFS+ファイルシステムからAppleの新しいファイルシステム「APFSへの移行が行われることが発表されています。

macOS 10.14 Mojaveは32-bitアプリをサポートする最後のmacOS

 macOS 10.14 Mojave Public BetaはAppleの「Apple Beta Software Program」のページからフィードバックアシスをインストールすればMac App Store経由でダウンロード可能で、Time Machineでバックアップを作成後、起動可能なインストーラの作成するかそのままアップグレード、または現在Beta版のVMware Fusion Technology Preview 2018や最新のParallels Desktop v13を利用して仮想化することができるので、メンバーに登録された方はチェックしてみてください。