PFU、macOS Mojave v10.14に対応予定のスキャナーデバイス「ScanSnap」用ソフトウェアや機種などのリストを公開。

シェアする

スポンサーリンク

 PFUがmacOS Mojave v10.14に対応予定のスキャナーデバイス「ScanSnap」用ソフトウェアや機種などのリストを公開しています。詳細は以下から。

ScanSnapのロゴ

 イメージスキャナーデバイスScanSnapなどを開発&販売している株式会社PFUは、Appleが日本時間2018年09月25日にリリースを予定している次期macOS「macOS 10.14 Mojave」に対応したScanSnap用ソフトウェアやScanSnap機種などを同社のサポートサイトで公開しています。

macOS Mojave v10.14 への対応予定を教えてください。

Q.macOS Mojave v10.14 への対応予定を教えてください。
A.ScanSnap各機種の関連ソフトウェアの、macOS Mojave v10.14 への対応予定は以下のとおりです。

macOS Mojave v10.14 への対応予定を教えてください。 | ScanSnap よくあるご質問 (PFU)

 PFUが公開したサポートサイトによると、現行機種および販売が終了した「ScanSnap Evernote Edition」のScanSnap Managerアプリや各ユーティリティはmacOS 10.14 Mojaveへの対応を予定しているそうですが、High Sierraではサポートされていた一部のサポート終了機種(S1500/S1500M)のScanSnap ManagerアプリがMojaveへの対応予定がされていないそうなので、ユーザーの方は注意してください。

ScanSnapデバイスでは2016年のmacOS 10.12 Sierraリリース時に、macOSの不具合によりPDFファイルの一部が削除または白紙ページ保存などの現象が発生し、10月中旬に修正されていました。

コメント

  1. 匿名 より:

    え、S1500がサポートから外れている!!!
    参ったな…

  2. 匿名 より:

    今でもS1500の対応バージョンじゃないScanSnap Manager V6.3でふつーに使えてるから、Mojave対応のScanSnap Manager入れれば使えるんじゃないかと淡い期待。