Apple、macOS High Sierra 10.13.4と32-bitアプリの互換性についての情報を公開。64-bitへの完全移行時期は現在のところ未定。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS High Sierra 10.13.4と32-bitアプリの互換性についての情報を公開しています。詳細は以下から。

WWDC 2017で利用された64-bitアイコン。

 Appleは昨年のWWDC 2017の中で、開発者に対しiOSに続きMacアプリについても32-bitのサポートを終了することを発表し、2018年01月よりMac App Storeへ新規申請するアプリの64-bit化を条件としていますが、本日改めてmacOSの64-bit移行およびmacOS High Sierra 10.13.4と32-bitアプリの互換性についてのサポートページを公開しています。

64-bit Transition on macOS
April 11, 2018
With the recent release of macOS High Sierra 10.13.4, the first time users launch an app that does not support 64-bit they will see an alert that the app is not optimized for their Mac.

News – Apple Developer

スポンサーリンク

32-bitアプリとmacOS 10.13.4

 Appleが公開したサポートドキュメントによると、現在のMacは64-bitプロセッサーを搭載し、64-bitアプリが利用できるようになっていますが、32-bitアプリもまだ存在しているため、Appleは先月リリースしたmacOS High Sierra 10.13.4で新たに32-bitベースのアプリを起動した際に1度だけ以下の様な警告を表示する機能を導入しており、加えて以下の情報を公開しています。

32-bit app compatibility with macOS High Sierra 10.13.4

While developers optimize their apps for 64-bit compatibility, Apple is notifying customers when they are using an app based on 32-bit technology. This is done via a one-time alert that appears when you launch a 32-bit app.

32-bit app compatibility with macOS High Sierra 10.13.4 – Apple Support

なぜこの警告が表示されるのですか?

 この警告は64-bitプロセスを利用するようにアップデートされていないアプリを起動した時に1度だけ表示され、これによりユーザーは次期macOSと互換性のない32-bitアプリを知ることが出来ます。

32-bitアプリを使い続けることはできますか?

 はい、現在のMacでは32-bitアプリを使用し続けることが出来ますし、32-bitアプリを利用してもデータやコンピュータに影響はありません。

いつ64-bitへの移行を完了しますか?

 macOSとmacOSアプリの64-bit化については現在進行中で、最終的な移行完了時期はまだ未定です。ただし、この期間はあなたが利用しているアプリの64-bit化を開発者に対しチェックする良い機会です。

開発者への連絡方法は?

 最も簡単な方法はWebで検索することです。アプリを開きメニューバーのアプリ名をクリックし[hogehogeについて…]で開発者の情報を見ることも出来ます。

Mac App Storeで配布されている場合はサポートリンクが公開されているはずです。

32/64-bitアプリの確認法は?

 Appleメニューから[このMacについて] → [システムレポート…]をクリックし、システムレポートウィンドウのサイドメニューから[アプリケーション]を選択。チェックしたいアプリを選択し、”64-bit (Intel)”が「はい」となっていれば64-bit、「いいえ」となっていれば32-bitアプリです。

Macアプリの64-bit化タイムライン

 Appleは現在のところ完全に64-bitへ移行する時期を未定としていますが、2018年06月にはMac App Storeに存在&アップデートする全てのアプリの64-bit化を求めており、

Mac App Storeで32bitアプリを廃止

iOSアプリについてもiOS 10からiOS 11へのアップグレードの約1年で移行を完了したため、06月に開催されるWWDCで具体的な発表があり、来年末頃には32-bitアプリのサポートが終了するのではないかと予想されます。

iOS 11で32-bitアプリのサポートが終了

  • 2017年09月25日
    ▶32-bitアプリをフルサポートする最後のOS「macOS 10.13 High Sierraを」リリース。
  • 2018年01月
    ▶Mac App Storeで公開する新しいアプリは64-bit化が必須に。
  • 2018年06月
    ▶Mac App Storeに存在&アップデートするアプリに64-bit化を必須に。
  • 2018~2019年秋
    ▶macOS 10.14/10.15で32-bitアプリのサポートを終了?。

コメント

  1. 匿名 より:

    どうもDVDプレーヤーとか32ビットのまま放置っぽいな。
    対応する気ならとっくにやってるはず・・・
    そういうのはフェードアウトさせるつもりなんだろうけど、macOS 10.14のリリースで顰蹙買いそう。