macOS 10.14 Mojaveではファイルを開かずに「Quick Look」から書類のマークアップや動画のトリミングなどが可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveではファイルを開かずに「Quick Look」から書類のマークアップや動画のトリミングなどが可能になっています。詳細は以下から。

macOS QuickLook Ui icon

 Appleは日本時間2018年09月25日にリリースしたmacOS 10.14 Mojaveで、Finderをアップデートし「ギャラリー表示」やプレビューパネルに「クイックアクション」といった機能を追加していますが、書類をプレビューすることができる「QuickLook機能」もアップデートされています。

ファイルを開かずに、ファイルの作業を。
macOS Mojaveでは、ファイルを指定してスペースバーをタップすると、クイックルック以上のことができます。アプリケーションをまったく起動せずに、表示されているファイルの種類に固有のアクションを実行できるからです。PDFへの注釈の追加、画像の回転やトリミングだけでなく、オーディオやビデオのトリミングもできます。作業が完了したら、クイックルックから直接共有することさえできます。

macOS 10.14 Mojaveのプレビューより

 QuickLookの新しい機能は、ファイルをスペースバーでQuickLookしたままアプリを起動せずにファイル固有のアクションを利用できるというもので、例えばスクリーンショットや写真などの画像だったら新しくなったマークアップ機能や回転、動画やミュージックファイルの場合はトリミングなどがアプリを開かずに行えます。