Microsoft、リボンUIを刷新しmacOS Mojaveのダークモードに対応した「Office 2019 for Mac」をInsiders Fastメンバーに公開。

スポンサーリンク

 MicrosoftがリボンUIを刷新しmacOS Mojaveのダークモードに対応した「Office 2019 for Mac」をInsiders Fastメンバーに公開しています。詳細は以下から。

Microsoft PPTのロゴ

 Microsoftは現地時間2018年10月30日、09月に開催されたMicrosoft Ignite 2018で発表していたとおり、Office 2019 for MacのWordおよびExcel、PowerPoint、OneNoteでリボンUIを刷新し、アプリのアピアランスを暗くしコンテンツにフォーカスしやすくするmacOS 10.14 Mojaveの新機能ダークモードに対応させたv16.20 build 181029をInsider Fastメンバー向けに公開したと発表しています。

Office 2019 for Macの新しいリボンUI

October 30, 2018 release Version: 16.19 (Build 181029)
New or improved Features

  • Modern new icons The ribbon has a new look. New icons have crisp, clean lines and improved contrast to make Office more inclusive and accessible.
  • Dark Mode A new look that is easy on your eyes and helps you focus on your work (requires macOS Mojave).

リリースノートより

 Office 2019 for Mac v16.20 Build 181029ではWord、Excel、PowerPointがダークモードに対応しており、macOSシステムのライト/ダークモードに合わせてOfficeアプリのアピアランスが自動的に変更されるようになりました。

Office 2019 for MacのライトモードOffice 2019 for Macのダークモード

 ダークモードに対応したOffice 2019 for Macは今後リリースを予定しているMac App Store版でも利用できるように調整中とのことなので、いち早く利用してみたい方はInsider Fastに登録してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    アイコンのデザインが浮きすぎ。秀逸なものともいえないし。
    なぜデザイン言語をOSと統一しようとしないのか。

  2. 匿名 より:

    見やすくて良いじゃ。
    白い画面は目が疲れて仕事にならない。というか、いやならDark Mode使わなければ良いだろ。