Microsoft、次期Office 2019 for MacでリボンUIをアップデート。

スポンサーリンク

 Microsoftは次期Office 2019 for MacでリボンUIをアップデートするそうです。詳細は以下から。

Microsoft Officeのアイコン。

 Microsoftが現地時間2018年09月24~28日にかけて米カリフォルニア州のオークランドで開催したMicrosoft Ignite 2018のセクションWhat’s new and what’s coming in Microsoft Office for Macによると、MicrosoftのOffice for Macチームは現在提供しているOffice 2019 for Macで新しいリボンUIを導入するそうです。

What's new and what's coming in Microsoft Office for Mac - BRK2123

 このセクションに登壇したMicrosoft Office for MacのプロダクトマネージャーDerek Snookさんによると、新しいリボンUIは各機能のグループメニューがはっきりと線引され、アイコンとメニューのカラーも刷新される予定で、ドキュメントを共同して編集しているユーザーのアイコンが表示されるコラボレーション・コーナーも追加され、よりユーザーがどの機能を利用しているかを判断しやすくなっているそうです。

クリックで拡大

 現在、Office 2019 for MacがこのアップデートでmacOS 10.14 Mojaveダークモードに対応するかは明言されていませんが、今月末のOffice Insider Fastリリース前にはさらに新しい情報が公開されるそうなので、気になる方はInsider版に参加してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    newの写真よりcurrentの方が線がはっきりしてるけど?

  2. 匿名 より:

    ボタンがボタンと分からないApple式デザインやめちくり~

  3. 匿名 より:

    ホームの左にファイルメニューをなぜ付けない?
    右クリックで出てくるコンテキストメニューもWindows版と合わせて欲しい。

  4. 匿名 より:

    無駄にスペースを占有するリボンはいらないよ

  5. 匿名 より:

    Winと完全に同じにしろよ!

  6. 匿名 より:

    ツールバーの時のように自分がよく使うものだけ表示させたいんだけどなあ