iOS用ターミナルエミュレータ「OpenTerm」を開発していたLouisさんがAppleのXcodeエンジニアになり、アプリがApp Storeから削除される。

スポンサーリンク

 iOS用ターミナルエミュレータ「OpenTerm」を開発していたSilverFoxのLouisさんがAppleのXcodeエンジニアになり、アプリがApp Storeから削除されたそうです。詳細は以下から。

OpenTermのアイコン

 OpenTermはベルギーSilverFoxが開発していたiOSのSandbox内で動くオープンソースのターミナルエミュレータアプリで、リリース時はAppStoreのユーティリティ部門で10位になり、2018年06月のアップデートではSwiftライクなスクリプト言語「Cub」やmacOS/iOSに対応したIDE「Savanna」が公開されていましたが、

これらのアプリの開発者であるSilverFoxのLouis D’hauweさんが今月からAppleにXcodeエンジニアとしてジョインするにあたり、これらのアプリがApp Storeから削除されてしまったそうです。

Xcode engineer at . Created: Pixure, PanelKit, Cub, OpenTerm, Textor

TwitterのBioより

 幸いGitHubの各リポジトリに公開されていたソースコードはそのままにしておけるようですが、AppleにiCloudエンジニアとして入社したAndrewさんのmasコマンド同様、今後のアップデートは無いそうなので、OpenTermユーザーは他のアプリを探すしかないようです。

スポンサーリンク

おまけ

 LouisさんがXcodeのどのようなプロジェクトに関わるかは定かではありませんが、Louisさんは過去に「Xcode for Mac」と連携しコンパイルだけをMacで行い、アプリのデザインやコーディングはiPad上で行える「Xcode for iPad」のPoCを開発していました。

“Xcode for iPad”はAppleのプライベートAPIを利用すれば実際に利用することが可能だったそうです。