Apple、OS X 10.10.5 YosemiteからmacOS 10.13 High Sierra向けに他社製のAirPlayスピーカーとの互換性を修正した「iTunes v12.8.1」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.10 YosemiteからmacOS 10.13 High Sierra向けに他社製のAirPlayスピーカーとの互換性を修正した「iTunes v12.8.1」をリリースしています。詳細は以下から。

iTunes 12のインストーラーパッケージアイコン。

 Appleは現地時間2018年12月05日、iTunesでメディアを他社製のAirPlayスピーカーから再生できない問題を修正した「iTunes v12.9.2.5」を同梱したmacOS 10.14.2 Build 18C54を公開しましたが、

iTunes v12.9.2.5

このアップデートでは、iTunesで他社製のAirPlayスピーカーからメディアを再生できないことがある問題が解決されます。また、アプリケーションやパフォーマンスも若干改善されます。

リリースノートより抜粋

本日(現地時間2018年12月13日)、同様の不具合を修正した「iTunes v12.8.1」をOS X 10.10.5 YosemiteからmacOS 10.13 High Sierra向けに公開しています。 iTunes v12.8.1のシステム要件は以下の通りで、Mac App StoreおよびAppleの公式サイトからpkg版をダウンロード可能なので、対象のシステムをお使いの方はチェックしてみてください。

iTunes-v12.8.1

  • ハードウェア要件
    • Intel プロセッサ搭載の Mac コンピュータ
    • 720p HD ビデオ、iTunes LP、iTunes Extras の再生には、2.0 GHz Intel Core 2 Duo 以上の速度のプロセッサが必要
    • 1080p HD ビデオの再生には、2.4 GHz Intel Core 2 Duo 以上の速度のプロセッサと、2 GB の RAM が必要
    • 1024 x 768 以上の画面解像度 (iTunes LP や iTunes Extras の再生には 1280 x 800 以上)
    • Apple Music、iTunes Store、iTunes Extras の利用にはインターネット接続が必要
    • オーディオ CD、MP3 CD、バックアップ CD の作成には、Apple コンボドライブまたは SuperDrive が必要 (他社製の CD-RW レコーダーも一部対応)。Apple Music カタログの曲の CD を作成することはできません。
  • ソフトウェア要件
    • OS X バージョン 10.10.5 以降

コメント

  1. 匿名 より:

    これ入れたらSafariが起動しなくなったんですが…もしかしてYosemite非対応だったのかな?

  2. 匿名 より:

    同じくsafariが動きません。

  3. 匿名 より:

    TimeMachineで戻すとsafariが起動するのでGoogle Chromeをダウンロードしたほうが良いみたいですね Safariを使うのやめまーす