Apple、iTunes 12.5.1でOS X 10.8 Mountain Lionのサポートを終了。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがiTunes 12.5.1でOS X 10.8 Mountain Lionのサポートを終了しています。詳細は以下から。

iTunes-Hero-logo-icon

 Appleは現地時間9月13日、iOS 10のリリースに伴い「iTunes 12.5.1」を新たに公開しましたが、このバージョンではシステム必要条件がOS X 10.9.5 Mavericks以上に引き上げられ、iTunes 12.4.xまでサポートされていたOS X 10.8 Mountain Lionが非サポートとなっています。

itunes-12-4-diff-12-5-require-2

ソフトウェア:

  • OS Xバージョン10.9.5以降
  • 400MBの空きディスク領域
  • iTunes Extrasを使用するには、OS Xバージョン10.10.3以降が必要です
  • Apple Music、Apple Music Radio、iTunes Store、およびiTunes Matchは国によってはご利用いただけない場合があります

iTunesについて

 iTunes 12.5.1がOS X 10.8 Mountain Lionを非サポートとしたことで、セットアップにiTunes 12.5以降が必要となっているiPhone 7もMountain LionのMacでは利用できないので、Mountain Lionユーザーの方は注意して下さい。

itunes-v12-5-1-installer

MacまたはWindowsパソコン上のiTunesとのシンクには以下が必要:

  • Mac:OS X v10.9以降
  • Windowsパソコン:Windows 7以降
  • iTunes 12.5以降(www.itunes.com/jp/downloadから無料でダウンロード可能)

iPhone 7 – 仕様 – Apple(日本)

Appleは昨年、iOS 9およびEl Capitanのリリース時にもシステム必要条件を引き上げています。