macOS 10.14 MojaveではMac OS X 10.7 Lion以前と同様にシステム・アップデートをシステム環境設定パネルから行うように。

Mac OS X 10.7 LionのSoftware Update macOS 10.14 Mojave
Mac OS X 10.7 LionのSoftware Updateパネル
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではMac OS X 10.7 Lion以前と同様にシステムのアップデートがシステム環境設定パネルへ移動しています。詳細は以下から。


 Appleは2011年01月にMac OS X 10.6 Snow Leopard向けにアプリケーションの販売と配布を行うアプリ「Mac App Store」提供を開始したものの、同年に公開されたMac OS X 10.7 Lion含め、システム(Mac OS X)のアップデートはソフトウェア・アプデートアプリが担当し、システム環境設定アプリからその確認を行う事ができましたが、

Mac OS X 10.7 LionのSoftware Update

Mac OS X 10.7 LionのSoftware Updateパネル

2012年にリリースされたOS X 10.8 Mountain LionではMac App Storeにシステムのソフトウェア・アップデートが統合され、OSのアップデートおよびアップグレードは現在のmacOS 10.13 High SierraまでMac App Storeを介して行われますが、次期macOS 10.14 Mojaveではこのシステムのアップデートが再びMac App Storeとは別になるようです。

OS X 10.8 Mountain LionのSoftware Update

OS X 10.8 Mountain LionのSoftware Update

MojaveのMac App Store

 Appleは現地時間2018年06月04日から開催したWWDC 2018の中で、macOS MojaveのMac App StoreはiOS 11のApp Store同様にデザインが刷新され、AppleのApp Storeチームが編集を担当するストーリーやキュレーション追加され、

macOS 10.14 MojaveのMac App Store

「Mac App Storeは、2011年の登場以来ずっと、単独の世界最大のMac用アプリケーションカタログとしてその存在を誇り、現在でも世界中のお客様がMacアプリケーションを手に入れるための最も安全で最適な場所です。デザインが美しく刷新され、独自のエディトリアルコンテンツが加わったほか、人の手によるキュレーションが重視され、これまで以上に便利にMacを利用できるようになります。Mac App Storeに新時代が到来することを、うれしく思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラーは述べています。

Apple、まったく新しいMac App Storeをプレビュー – Apple (日本)

サブスクリプション制アプリ以外にもトライアル期間が付いたアプリが配信でき、AdobeやMicrosoft, 過去にMac App Storeを去ったPanicやBare Bones Softwareが再び戻ってくるという発表がされましたが、

2019年のMac App Storeに来るアプリ

これに伴い、OS X 10.8 Mountain Lion以降統合されていたシステムのアップデートがMac App Storeから切り離されるようで、本日リリースされたmacOS 10.14 Mojaveの2nd BetaもMac App Storeからではなく、システム環境設定アプリのソフトウェア・アップデートパネルから行うようになっており、

今回のベータ版アップデートは”システム環境設定”のソフトウェア・アップデートを通じて配信されます。

リリースノートより

通知もシステム環境設定アイコンのバッチとAppleメニューに表示されるようになっているそうなので、Betaユーザーの方はチェックしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました