Apple、70種類以上の新しい絵文字や最大32人のFaceTimeグループが利用可能な「iOS 12.1」や「watchOS 5.1」を正式にリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが70種類以上の新しい絵文字や最大32人のFaceTimeグループが利用可能な「iOS 12.1」や「watchOS 5.1」を正式にリリースしています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年10月30日、前日にアナウンスしていたとおりiOS 12初のマイナーアップデートとなる「iOS 12.1」をiOS 12デバイス向けに公開したと発表しています。

iOS 12.1のリリースノート

 iOS 12.1ではUnicode 11.0で承認された70種類を超える新しい絵文字が追加されたほか、新機能として最大32人とビデオチャットが可能な「グループFaceTime」、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRでnano-SIMとeSIMを併用した「デュアルSIM」および被写体の奥行きをコントロールする「Depth Control」がリアルタイムプレビューでも可能になっています。

What's about iOS 12.1

FaceTimeグループはiPhone 5sとiPhone 6/6 Plusでは音声のみサポートとなっています。

スポンサーリンク

iOS 12.1リリースノート

 iOS 12.1では、グループFaceTimeが導入され、70種類を超える新しい絵文字が追加されました。また、iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRのeSIMを使ったデュアルSIMに対応しました。このアップデートにはバグの修正および改善も含まれます。

グループFaceTime

  • 最大32人の参加者との同時ビデオ通話およびオーディオ通話に対応
  • エンドツーエンドの暗号化により会話のプライバシーを保護
  • “メッセージ”のグループチャットからグループFaceTimeを開始。グループFaceTime通話に途中から参加することも可能

絵文字

  • 赤毛、白髪、巻き毛の新しいキャラクター、頭髪がない人の新しい絵文字、より感情豊かな笑顔のほか、動物、スポーツ、食べ物を表す追加の絵文字など、70種類以上の絵文字が新たに追加

デュアルSIMに対応

  • eSIMを使ったデュアルSIMを導入。iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRでは、1台のデバイスで2つの電話番号の使用が可能

その他の改善および修正

  • iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの“カメラ”のプレビューに深度コントロールを導入
  • iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRのモバイルデータ通信接続を改善
  • Face IDまたはTouch IDを使って、お子様のスクリーンタイムのパスコードを変更またはリセットできる機能を追加
  • iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRの前面側カメラで撮影した写真で最もシャープな参照フレームが選択されないことがある問題を修正
  • 2人のユーザが同じApple IDを使って複数のiPhoneでサインインしていたときに、メッセージが1つのスレッドに結合されてしまう問題を解決
  • 一部の留守番電話が“電話” Appに表示されない問題に対処
  • “電話” Appでその電話番号の連絡先の名前が表示されないことがある問題を解決
  • 特定のWebサイトがスクリーンタイムのアクティビティレポートで報告されないことがある問題を修正
  • ファミリー共有で家族を追加または削除できないことがある問題に対処
  • iPhone X、iPhone 8、およびiPhone 8 Plusで、デバイスが突然システム終了しないようにするパフォーマンス管理機能を追加(機能を無効にすることも可能)
  • iPhone XS、iPhone XS Max、およびiPhone XRにApple純正バッテリーが搭載されているかどうかを検証できない場合に、ユーザに通知する機能を“バッテリーの状態”に追加
  • カメラ、Siri、およびSafariにおけるVoiceOverの信頼性を改善
  • 一部のエンタープライズユーザに対して、MDM Device Enrollmentで無効なプロファイルエラーが報告されることがある問題を修正

watchOS 5.1

 このアップデートには、以下の改善とバグ修正が含まれています:

  • Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡が行われます。また、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージも再生されるようになりました。
  • 一部のユーザで、“トランシーバー” Appのインストールが完了しない可能性がある問題を修正しました。
  • 一部のユーザが“トランシーバー”で参加依頼を送信または受信できない問題を解決しました。
  • 一部のユーザの“アクティビティ” Appで、過去に獲得したアクティビティバッジの一部が“バッジ”タブに表示されない問題を解決しました。