クロスプラットフォーム対応のMarkdownエディタ「Typora」が引用符やダッシュのSmartyPants機能をサポート。

シェアする

スポンサーリンク

 クロスプラットフォーム対応のMarkdownエディタ「Typora」が引用符やダッシュの「SmartyPants」機能をサポートしています。詳細は以下から。


 Typora中国のソフトウェアエンジニアLeeさんが2014年から開発&公開しているクロスプラットフォーム(Mac/Windows/Linux)対応のMarkdownエディタで、リアルタイムプレビューやMath/Code Block, カスタムCSS, インライン数式表示、シーケンス図やダイアグラムMacBook ProのTouch Bar日本語へのローカライズなどに対応していますが、このTyporaがv0.9.9.16アップデートでSmartPantsをサポートしています。

Typora v0.9.9.16 update

Typora v0.9.9.16

  1. Add Smart Punctuation (SmartyPants) Support.
  2. Support remap unicode punctuations on parse. detail
  3. Fix bugs and improve UI of table functions.

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

SmartPants

今回サポートされたSmartyPantsはMarkdownの考案者John Gruberさんのプロジェクト(Daring Fireball : SmartyPants)の1つで、引用符とダッシュについて以下の処理を行ってくれます。

  • Smart Quotes : 引用符(‘シングルクォート’, “ダブルクォート”)をカーリークォート(‘シングルクォート’, “ダブルクォート”)
  • Smart Dashes : ダッシュ(–,—)をenダッシュ(–,—)
TyporaのSmartPants設定

TyporaのSmartPants設定

 SmartyPants(QuotesとDashes)の設定はTyporaの設定 → [マークダウン]タブか、[編集]メニューの[置き換え]からON/OFFが可能で、ONの状態でもバックスラッシュ(\””, \–)を添えることで変換を防ぐとこができるようになっている他、

SmartyPansをサポートしたTypora

 ”Convert on Input”, “Convert on Rendring”オプションも用意されており、前者を選択するとMarkdownファイルにも変換後のカーリークォートとenダッシュが保存され、後者を選択するとオリジナルのASCII引用符とダッシュがMarkdownファイルに保存されます。

SmartyPantsのオプション

 これはHTMLのコメントやMarkdownのリンク入力の変換を防ぐためで、これらのオプションはSmartyPantsの下に用意されているので、ユーザーの方はチェックしてみて下さい。