オープンソースのMac用ファイル圧縮・解凍ツール「Keka」がv1.1.0へアップデート。新しいアイコンとコンテキストメニュー、XZ/LZIP圧縮をサポート。

シェアする

スポンサーリンク

 オープンソースのMac用ファイル圧縮・解凍ツール「Keka」がv1.1.0へアップデートしています。詳細は以下から。


 Kekaは2009年からaONeさんがオープンソースで開発を続いているファイル圧縮・解凍アプリですが、このKekaが約1年半のBeta期間を終え現地時間2018年06月05日付けで「Keka v1.1.0」アップデートをリリースしています。

Keka v1.1 icon

Keka now runs on 10.9.5 Mavericks and newer

  • New app icon by David Lanham and file icons by Jonathan Coutiño
  • Appearance updated to match macOS style
  • Keka is now sandboxed
  • Updated the list of donators, thanks for all the support!
  • Added new format selector to the toolbar
  • Added context menu services, with shortcuts (Thanks for the tip, @Ornataweaver) #189
  • Added XZ compression support (10.9+) (Thanks to @corsaroquad for the tip) #40
  • Added LZIP compression and extraction support (Thanks to Antonio and @TimmThaler) #68
  • Added AES-256 encryption support for ZIP files #42

Keka – the macOS file archiver

 Keka v1.1.0ではシステム要件がOS X 10.9 Mavericks以上となり、リアルなダンゴムシのアイコンが@Thruthさんのデザインした可愛らしいダンゴムシのアイコンに変更されたほか、コンテキストメニューにKekaのショートカットが追加され、XZ/LZIP/AES-256暗号をサポートしたZIP、中国、ロシア、ポーランド語へのローカライズ、Sandbox対応など様々なアップデートが行われているので、ユーザーの方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

アーカイブユーティリティKeka

コメント

  1. 匿名 より:

    リアルすぎるキモいアイコンが変わって良かった