シーケンス図やインライン数式表示などが可能なクロスプラットフォーム対応のMarkdownエディタ「Typora」が日本語など複数の言語にローカライズ。

スポンサーリンク

 シーケンス図やインライン数式表示などが可能なクロスプラットフォーム対応のMarkdownエディタ「Typora」が日本語など複数の言語にローカライズされたそうです。詳細は以下から。


 Typoraは中国のソフトウェアエンジニアLeeさんが開発&公開しているMac/Windows/Linux対応のMarkdownエディタで、リアルタイムプレビューやMath/Code Block, カスタムCSS, シーケンス図やダイアグラム、インライン数式表示、Touch Barなどをサポートしていますが、このTyporaがv0.9.9.12.4で日本語へローカライズされたそうです。

Typoraが日本語にローカライズ

0.9.9.12.4

  1. New language support: Spanish (by thepiratejester), French (by MOrdinateur), Russian (by dragomano), Japanese (by tomochan001), Portuguese (by akz92).
  2. Improve parse logic for block quotes, lists, and tables.
  3. Support custom tab size for code blocks. Add options for default ordered list styles.

Change Log + History Builds

 現在のところ複数の言語にローカライズされたのはmacOS版だけのようですが、日本語の他にスペイン、フランス、ロシア、ポルトガル語へのローカライズが行われ、日本語はtomochan001さんにより、メニューだけでなく設定ウィンドウも全てローカライズされているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

日本語化されたTypora