カレンダーから空いている時間を見つけ出し、メールやSNSなどで共有することができるアプリ「Pity for macOS/iOS」がリリース。

スポンサーリンク

 カレンダーから空いている時間を見つけ出し、メールやSNSなどで共有することができるアプリ「Pity for macOS/iOS」がリリースされています。詳細は以下から。

Pity

 Pityシリーズは、シンプルなMarkdownエディタ# Typeなどを開発&公開している、かっくん(@fromkk)さんが公開したユーティリティアプリで、知人や取引先の方などから空いている時間を聞かれた際に、macOS/iOSのカレンダーアプリから空いている時間を見つけ出し、メールやSNSに貼り付けて知らせることができます。

Pity -Find your free time.

Pityは自分のカレンダーから空いている時間を見つけ出すためのアプリケーションです。知人やお仕事などで突然空いている時間を伝える必要が生じた場合などにお使いください。SiriShortcutと連携することで即座にメールやSNSに貼り付けることもできます。

Pity -Find your free time.

 空いている時間の検索範囲は日/週/月/カスタムから選択でき、最小空き時間、検索対象時間、終日/休日を無視のオプションや日付のフォーマットを変更することも可能で、iOSアプリはSiri ShortcutやToday Extensionにも対応。

Pity for Mac

 PityアプリはSwiftUIで開発されMac CatalystでmacOSアプリ化されているため、システム要件はiOS 13/macOS 10.15 Catalina以上となっていますが、ソースコードはGitHubに公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。