macOS 10.14 MojaveのFinderでは「CMD+[+/-]」キーでファイルのアイコンサイズを変更可能。

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveのFinderでは「CMD+[+/-]」キーでファイルのアイコンサイズを変更可能になっています。詳細は以下から。


 Appleが日本時間2018年09月25日にリリースしたmacOS 10.14 Mojaveにはギャラリー表示サイドバーを整理した「Finder v10.14」が搭載されていますが、このFinder v10.14ではアイコンやサムネイルサイズをショートカットキーCommand + プラス[+]/マイナス[-]で変更することが可能になっています。

macOS 10.14 MojaveのFinder

Command + [+]は、Command + Shift + セミコロン[;]で入力できます。

 このショートカットキーはSafariなどのブラウザでコンテンツの表示をズームイン/アウトする際にも用いられていますが、Finderではアイコン、リスト表示そして新しく採用されるギャラリー表示で、

アイコン表示では9段階、リスト表示は2段階、ギャラリー表示は3段階のファイルやフォルダアイコン/サムネイルのサイズを変更することができるので、Mojaveへアップグレードされた方は試してみて下さい。