macOS 10.14 Mojaveでライトとダークモードをアプリ別に設定することができる「Gray」がリスト表示に対応しパフォーマンスを改善。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveでライトとダークモードをアプリ別に設定することができる「Gray」がリスト表示に対応しパフォーマンスを改善しています。詳細は以下から。

Grayのアイコン

 ノルウェーのエンジニアChristoffer Winterkvistさんは現地時間2019年02月11日、自身が昨年10月に公開したmacOS 10.14 Mojaveで導入されたダークモードをシステム全体ではなく、エディタやXcodeなどの一部のアプリだけに適用できるGrayをv0.10.0へアップデートし、アプリのダークとライト・アピアランスの切替パフォーマンスが改善したと発表しています。

Gray v0.10.0

  • 🏎 Improve performance when switching appearance on an application #85
  • 🧾 Features a new list view #87

zenangst/Gray: Tailor your macOS Mojave experience – GitHub

 Gray v0.10.0ではパフォーマンスが改善されたほか、起動時にアプリケーションフォルダ内のアプリを読み込みリストビューで検索&表示し、アピアランスを切り替えられるようになっているので、興味のある方は利用してみてください。

Gray for Mac list mode