macOS/iOSの「Safari v12」ではアドレスバーにおけるEV証明書の表示が運営組織名からドメイン名に変更される。

スポンサーリンク

 macOS/iOSの「Safari v12」ではアドレスバーにおけるEV証明書の表示が変更され、運営組織名からドメイン名表示になっています。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 Appleは現地時間2018年09月17日にリリースしたmacOS版Safari v12およびiOS 12に同梱されているMobile Safari v12でアドレスバーにおけるEV(Extended Validation)証明書の表示方法を変更し、これまで表示されていた運営組織ではなくドメイン名を表示するようになっています。

 Safariではこれまで、「ドメイン認証」「企業認証」「EV認証」のうちEV認証のみブラウザのアドレスバーを緑し、Webサイトの運営組織を表示していましたが、Safari v12以降では以下の通りドメイン名が表示されるようになっています。

 Webサイトの運営組織を確認したい場合は、macOS版Safariではこれまで通り鍵🔒アイコンをクリックすることで証明書の詳細を表示できますが、iOS版のSafariでは”Inspect“アプリなどの拡張機能を利用するしかないと思われます。

スポンサーリンク

おまけ

 AppleはWebサイトのタイトルに鍵系のアイコンが使用されている場合、鍵系のアイコンを表示しないようにしています。

SafariとChromeの鍵絵文字の扱い

コメント

  1. 匿名 より:

    StripeのPoCが効いたな

  2. 匿名 より:

    1枚目の画像 上下逆では

  3. 匿名 より:

    v11とv12が逆になってる

  4. applech2 より:

    ご指摘ありがとうございます。
    1枚目の画像修正しましたので、キャッシュクリア後に修正されると思います。