JPEGやPNG画像などをGoogleが開発した新しい画像フォーマットWebPへ変換してくれるMac用アプリ「WebPonize」がリリース。

スポンサーリンク

 JPEGやPNG画像などをGoogleが開発した新しい画像フォーマットWebPへ変換してくれるMac用アプリ「WebPonize」がリリースされています。詳細は以下から。


WebPonize-Hero


 WebPonizeはサイバーエージェントの1000chさんが公開したMac用アプリで、ウィンドウにJPEGやPNGをドラッグ&ドロップするだけでWebP(.webp)フォーマットへ変換してくれます。


 WebPフォーマットはGoogleが開発した新しい画像フォーマットで、可逆圧縮 のPNGと比較して26%、非可逆圧縮のJPEGと比較して25~34%もファイルサイズを小さく出来るそうで、Google ChromeやOpera、Pixelmatorなどで使用可能。


WebP-jpg-webp-diff

WebP is a new image format that provides lossless and lossy compression for images on the web. WebP lossless images are 26% smaller in size compared to PNGs. WebP lossy images are 25-34% smaller in size compared to JPEG images at equivalent SSIM index. WebP supports lossless transparency (also known as alpha channel) with just 22% additional bytes.

[A new image format for the Web – Google Developers]

 WebPが使用できるブラウザは限られていますが、Preferencesでは圧縮率の変更なども可能で、全てGitHubで公開されているので興味のある方は関連リンクからどうぞ。


WebPonize-Lenna-Chrome-Pixelmator

関連リンク:
webponize.github.io – WebPonize

WebP image format – Can I use

WebPonizeをリリースした – 1000ch.net

Safari 8がサポートしたCSS ShapesやAPNG、WebGLなどの機能比較まとめ

2015/05/21 15:15:誤字修正しました。ご指摘ありがとうございます。


コメント

  1. Apple7743 より:

    使ってみた。確かに画像の容量は小さくなる。
    でも、今の所使い道が無い。Photos.appで使えるプラグインとかあればいいな。