Microsoft、日本語を含む50以上の言語で音声入力機能「ディクテーション」をサポートした「OneNote for Mac」をInsider向けに公開。

スポンサーリンク

 Microsoftが日本語を含む50以上の言語で音声入力機能「ディクテーション」をサポートした「OneNote for Mac」をInsider向けに公開しています。詳細は以下から。

Microsoft OneNote for Mac Big Surアイコン

 Microsoftは現地時間2023年01月10日、同社がWindowsやMac、iPhone、Android向けに開発&公開しているデジタルノートアプリ「OneNote」のMac版で、音声入力機能「 ディクテーション (英語ではDictate)」を今後ポートすると発表しています。

OneNote for Mac Decate

Hi, Office Insiders! My name is Sofia Thomas, and I’m a Product Manager for the Office Voice team. I’m excited to share that the Dictate feature you love in OneNote on Windows and on the web is coming to OneNote for Mac.

Dictate comes to OneNote for Mac – Office Insider Blog

 Office VoiceチームのプロダクトマネージャーSofia Thomasさんによると、ディクテーション機能は既にOneNote for WindowsやWeb版、Word for Macなどで提供されていますが、これと同じ機能が今後OneNote for Macにも実装されるそうで、インターネットへの接続は必要ですが、日本語を含む50以上*の言語で音声入力が可能になるそうです。

OneNote for Macで音声入力

*いくつかの言語はまだプレビュー段階です。

 ディクテーション機能を実験的にサポートしたOneNote for Mac v16.68 (Build 22121100)は既にBetaチェンネルを通して配布されているので、興味のある方はInsider Programに試してみてください