Microsoft、2015年に買収したタスク管理サービス「Wunderlist」を2020年5月6日に終了すると正式に発表。

スポンサーリンク

 Microsoftが2015年に買収したタスク管理サービス「Wunderlist」を2020年5月6日に終了すると正式に発表しています。詳細は以下から。


 Microsoftは現地時間2019年12月09日、同社が2015年に買収し、Microsoftの新しいタスク管理アプリ&サービスMicrosoft To-Doのベースとなった「Wunderlist」を現地時間の2020年05月06日に正式に終了すると発表しています。

When we first announced Microsoft To Do, we also announced that Wunderlist would eventually retire. We planned this so we could concentrate on building a more integrated and secure app that helps you get stuff done in a smarter way.

It’s time to let you know that on May 6th, 2020, we plan to shut down Wunderlist.

Why are we doing this now? We’ve stopped releasing new features and big updates to Wunderlist, so as the app ages it’s become more difficult to maintain.

Join us on our new journey – Wunderlist

 MicrosoftはWunderlistの公式ブログの中でWunderlistを買収した際に発表していた通り、Wunderlistを終了する日が来たとコメントし、その理由として今後Wunderlistへのアップデートを終了させ、よりセキュアなアプリ(Microsoft To-Do)へ開発を集中するためだと説明しています。

Wunderlist shut down

スポンサーリンク

Wunderlistの今後

 Wunderlistについては今年09月、Wunderlistの設立者の1人で現在はコラボレーション・プレゼンテーションサービス「Pitch」を開発しているChristian ReberさんがMicrosoftからWunderlistを買い戻したいとコメントし話題になっていましたが、今回の発表ではその件については触れられておらず、

来年05月06日以降はWunderlistのタスクを同期できなくなり、しばらくの間はタスクのMicrosoft To-Doへのインポートと.Zipファイルでのダウンロードを可能にしておくそうですが、本日よりWunderlistへの新規サインアップは終了したそうです。

Wunderlistタスクのインポート

WunderlistタスクのダウンロードとMicrosoft To-Doへのインポートが可能

Microsoft To-Do

 また、Microsoftは今年に入り、Microsoft To-Doアプリ内にWunderlistからのインポート機能を実装し、タスク・リストのグループ化ダークモードをサポートした初のメジャーアップデートとなる「Microsoft To-Do v2.0」をリリースし、

WunderlistとMicrosoft To-Doの比較

ドイツのWunderlistチームがデフォルトテーマとして利用していたベルリンのテレビ塔やカード形式のタスクリストなどデザインもWunderlisに近づけており、iOSを始め、AndroidやmacOS、Windowsのクロスプラットフォーム対応を始め、Wunderlistの機能に加え、これまでのWunderlistにはない機能を実装し始めているので、Wunderlistに代わる別のアプリを探している方はとりあえずMicrosoft To-Doを試してみるのもいいと思います。

WunderlistとMicrosoft To Doの比較

Microsoft To-Doアプリ