Microsoft、Insider Fastメンバー向けにmacOSのダークモードに対応した「Office for Mac v 16.20」を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 MicrosoftがInsider Fastメンバー向けにmacOSのダークモードに対応した「Office for Mac v 16.20」を公開しています。詳細は以下から。

Outlook 2016 for Macのアイコン。

 Microsoftは現地時間2018年11月14日、09月に開催されたMicrosoft Ignite 2018で発表していたとおり、アプリのアピアランスを暗くしてユーザーがコンテンツにフォーカスしやすい様にするmacOS 10.14 Mojaveの新機能ダークモードに対応したメールクライアント「Outlook for Mac v16.20 build 181113」をInsider Fastメンバー向けに公開したと発表しています。

Outlook for Macのダークモード

 また、同バージョンでは同時に進められているリボンUIのリニューアルも行われており、AppleのHuman Interface Guidelinesに合わせ、アイコンやグリフがダークモードでも識別しやすいよう刷新されたり、インナーシャドーが行われているので、興味のある方はInsider Fast版にアクセスしてみてください。

旧OutlookのライトモードOutlookのダークモード
スポンサーリンク

おまけ

 AppleはmacOS 10.14 Mojaveのダークモードの導入にあたり、メールやメモ、マップアプリ、Safariといったアピアランスのダーク化によりコンテンツの印象が変化してしまうアプリに対し、UIはダークモードでも例外的にコンテンツのアピアランスだけをライトモードに出来る機能を採用していますが、Outlook for Macはダークモードでもコンテンツ(メール)は常時ライトモードで表示されるようになっています。