Apple、macOS 11 Big SurとmacOS 12 MontereyでもAVIF画像フォーマットをサポートした「Safari Technology Preview v158」を公開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 11 Big SurとmacOS 12 MontereyでもAVIF画像フォーマットをサポートした「Safari Technology Preview v158」を公開しています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview

 Appleは2022年09~10月にかけてリリースしたiOS 16macOS 13 VenturaでSafari v16やプレビュー、ファイルアプリなどシステムベースでロイヤリティーフリーで高圧縮の画像フォーマット「AVIF (AV1 Image File Format)」のサポートを開始しましたが、

AVIFとWebP、HEICの画像

AVIF(74KB)とWebP(259KB)、HEIC(750KB)の画像サイズ

オリジナルのファイルはサイズ約1.5MBのJPEG形式で、AVIFの変換にはGoogleの画像圧縮ツールSquooshを使用。

AppleのWebKitチームは現地時間2022年11月16日、このAVIFをmacOS 11 Big SurとmacOS 12 Montereyでもサポートした「Safari Technology Preview v158」を公開したと発表しています。

Safari Technology Preview v158 start AVIF on macOS 12 Monterey

Media

  • Enabled AVIF image decoding for macOS Monterey and macOS Big Sur (255984@main)

リリースノートより

 Apple Web Developer Experience Teamでエバンジェリストを務めるJen Simmonsさんは、AVIFイメージフォーマットはmacOS 13 Ventura/iOS 16以降のSafariからのサポートすると発表していましたが(Can I use…)、macOS 11 Big SurとmacOS 12 MontereyのSafari v16.2(?)でもサポートされることで、

Safari Technology Preview v158 start AVIF on macOS 12 Monterey

macOS 12 MontereyでもSafari Technology Preview v158からAVIFが表示可能に

Appleがセキュリティサポートを続けている全てのmacOSでAVIFイメージが表示できるようになるので、WebPに変更されたAppleのWebサイトやApp Store、Music、TVアプリなども今後AVIFへ移行されるかもしれません。

Safari Technology Previewのシステム要件はmacOS Monterey 12.3以降です。