macOS 11 Big SurにはIntelプロセッサを前提として開発されたアプリやAudio UnitプラグインをApple Silicon Macで実行できるようにする「Rosetta2 Updater」が導入。

スポンサーリンク

 macOS 11 Big SurにはIntelプロセッサを前提として開発されたアプリやAudio UnitプラグインをApple Silicon Macで実行できるようにする「Rosetta2 Updater」が導入されています。詳細は以下から。

Rosetta 2 Updater

 Appleが新たに販売を開始したApple Silicon「Apple M1」チップ搭載のMac miniやMacBook Air/Proでは、Intelプロセッサのみに対応したアプリをApple Silicon Macでも実行できるようにするバイナリトランスレーター「Rosetta 2」が導入されていますが、

macOS Big SurのRosetta 2

Apple SiliconをサポートしたmacOS 11 Big Surには、このRosetta 2を管理する「Rosetta2 Updater」が以下のディレクトリに導入されています。

Rosetta2 Updater

/System/Library/CoreServices/Rosetta2 Updater.app

 Appleが先程、FCPやLogic Proユーザーに公開したサポートドキュメントによると、Apple Silicon向けに開発されたものでないAudio Unitプラグインは、Rosetta 2がインストールされている場合に限り、FCPやLogic ProがAudio Unitプラグインを認識するようになっているそうなので、Apple Silicon MacでDTMなどをされる方はインストールしてみてください。

Rosetta2 Updater

Intel MacではRosetta2 Updaterアプリは実行できません。
スポンサーリンク

おまけ

 また、Rosetta 2はmacOSのアップデーターやセキュリティアップデートのダウンロードを行うsoftwareupdateコマンドでもダウンロード&インストールできるようになっています。

softwareupdate --install-rosetta